Cocoful ココフル

シーズン

【季節】夏の事故に気をつけて楽しく遊ぼう

2017.07.25

夏休みになりました。水遊びの季節がやってきました!

じゃぶじゃぶ池にお出かけ。
おうちでビニールプール。
それとも本格的な大きなプールに遊びに行く?

どれも楽しそう!でも夏は事故の危険がいっぱいです。今一度、注意点を確認しておきましょう。

■熱中症を予防する 

・子どもは、大人より暑さに弱い
大人はのんびり日陰で、子どもが外で遊ぶのを見物していませんか?

実は子どもは大人より暑さに弱く、しかも予防策を自分でとることができません。
大人より、身長が低いので、地面からの照り返しを強く受けてしまいます。大人より熱中症になりやすいことを忘れず、予防策をしっかりととりましょう。

・帽子をかぶる。日焼け止めクリームを塗る。あまり長時間外で遊ばない。そして、水はこまめに摂ることを心がけましょう。

赤ちゃんの場合は、ベビーカーだと照り返しが心配。かといって抱っこひもも密着して暑いですね。長時間の外出は避けて、こまめに水分をあげて、風通しのよい場所を選んであげましょう。

とはいえ、全く外にいかないでクーラーの部屋ばかりにいるのも考えもの。少しずつ体を慣らして鍛えていきましょう。

・参考 環境省の熱中症予防サイトはこちら

■水の事故を予防する
うつぶせになって鼻と口が塞がれれば、水深が10センチでも溺れてしまいます。ベランダのビニールプールであっても目は離さず、水深10センチ以下で遊ぶようにしてくださいね。

足の届かないプールで危険なのは、ドーナツ型の浮き輪です。我が家の長男もドーナツ型の浮き輪で楽しんでいた時に、万歳をした瞬間に浮き輪から体が抜けて、すっぽりと下に落ちて溺れてしまったことがありました。

すぐ横にきょうだいがいて危険を知らせてくれたのですが、母の私は妊娠中で咄嗟にプールに飛び込めず。
幸い夫がいたので飛び込んで助けてくれましたが、ヒヤっとした事件でした。
体にぴったりした浮き具の方がよいですね。

健康に、事故のないよう、夏を楽しみましょう。