Cocoful ココフル

おでかけ

プラネタリウムスターリーカフェ 羽田空港 大田区

2017.12.20

羽田空港国際線旅客ターミナルの5階、展望デッキと同じフロアに小さな子ども連れでも楽しめるカフェ併設のプラネタリウムがあるのをご存知でしょうか?今回は1歳半ばの息子と一緒に初めてのプラネタリウムを体験してきました!

■星のきらめく空間へ出発!

©TIAT

▲右の奥がプラネタリウムへの入口。

5階フロアの右側COOL ZONEの一番奥にスターリーカフェはあります。夜の天空をイメージさせるようなブルーに包まれた空間を抜け、わくわくしながら椅子に座って入場を待ちます。プラネタリウム上映中には扉が閉まっているため入場ができませんが、それ以外のプログラム中は出入り自由。また、どれも比較的短いプログラムなので、席があいていればそれほど待たずにスタッフが案内してくれます。

©TIAT

▲まるで宇宙に舞い降りたような空間。

座席は円形の壁に沿ったソファー席やリクライニングチェアのテーブル席があり、ベビーカーをテーブル席の横につけることも入口で預けることも可能でした。小さな子の場合、薄暗いので寝てしまうか、泣いてしまう子もいるようです。頼めばベビーチェアを出してくれますよ!

また子ども用にテイクアウト用のカップにストローをさして水を提供してくれるなど、子連れ安心ポイントがたくさん。

そうそう、こちらはプラネタリウム入場料+1ドリンク制なので、暗がりのなか懐中電灯でメニューを照らしながら注文をしたのですが、上映中でなくても比較的照明は暗めです。外にもメニューが置いてあるので入場待ちの間に選んでおくことが正解。

■初めてのプラネタリウム、1歳児の反応は!?

そうこうしているうちにすぐにプログラムははじまりました。ベビーチェアに座った息子は体験したことのない薄暗い空間と不思議な形の天井を見上げてじっとみつめています。

*上映中は撮影禁止です。

▲音楽も心地いいので夢中になってしまいます。

まずは15分の「ロマンチックスカイウォッチ」という本格的な星座のプログラムを観賞。最近絵本をみて月や星に興味をもちはじめた息子は「きらきらー」とか「ぐるぐるー」と回転するドームを見上げながら興奮気味。こいぬ座を指さして「わんわんー」と大はしゃぎでした。

季節によりプログラムが変わるので何度行っても楽しめそう。

続いて12分のアニメーション番組「バタフライ」は蝶が季節を超えて旅をするというもの。映画のスクリーンより特殊なドーム型の天井をいかして雪の結晶が降ってきたり、花びらが舞うのをぐるっと見渡せたり、まるで蝶と一緒に空を飛んで旅をしている気分を楽しめました。ここまで30分近くですが飽きることなく座って(時にジュースをせがみながら)観賞していたのには驚きました。

その後おむつがえタイム。プラネタリウム以外の時間は扉も開いていますし、またカフェ近くのトイレにはおむつ交換台もあり、スムーズに動けて助かりました。

■子連れにやさしく、幻想的な時間が過ごせる

©TIAT

▲かわいい宇宙船がお出迎え。

スターリーカフェで特にいいなと感じたところは、好きなタイミングで入ることができ、制限時間がないので子どもの様子を見て退場ができるところです。次のプログラムとの間隔も短く、番組自体も3分から長くて25分程度なので、ちょっとだけ現実逃避に(?)幻想的な雰囲気を味わいたいママや、星が大好きでずっとみていたいというお子さん、もちろん、これから飛行機で海外へ行く間の待ち時間にも最適です。空港にあるプラネタリウムらしい「就航都市の星空」という3分のミニプラネタリウムでは、遠い国の「いま」の星空が映し出され、異国の空に思いを馳せることもできるのも素敵でした。

▲プラネタリウムと一緒に飛行機を間近に楽しめるのは羽田空港だけ!

プラネタリウムは11時から17時、17時30分から23時まで。休日の午後や人気のプログラムは混雑して並ぶこともあるようですが、同じフロアに展望デッキもあり待ち時間も楽しく過ごせます。いつもとは少し違ったロマンチックな時間をお子様とスターリーカフェで過ごしてみてはいかがでしょうか?(取材:文 アネモネ)

プラネタリウム スターリーカフェ>

■住所:東京都大田区羽田空港5F
■電話:03-6428-0694
■プラネタリウム上映時間 スターリーカフェタイム(11:00~17:00) スターリーバータイム (17:30~23:00) 店舗の営業時間は7:00~23:00
■入場料 大人(中学生以上) 520円 ・ 子供(2歳以上)  310円

*上記に別途ワンドリンク制で、帰りにまとめて支払いをするシステムです。

*季節によりプログラムが変わります。詳しくはお問い合わせください。