Cocoful ココフル

おでかけ

東京競馬場 馬とのふれあい・子ども向け遊具施設 府中市

2018.03.30

◆子連れで競馬場に遊びに行ってきた♪


▲    スケールの大きさにびっくり!

“競馬場”と聞くと、大人の場所というイメージから敷居が高かったのですが、何やらミニ新幹線に乗れるらしい、遊具施設も充実していて、馬とのふれあいもできる、フードコートもあるしおむつ替えにも困らないという噂を聞き、動物大好き&子鉄の道を歩み始めた1才の息子を連れて行ってきました。


▲    花壇もきれいにお手入れされていてところどころに馬のモチーフも

◆小さな子連れにおススメは「パークウインズ」の日

ここは、あくまでも競馬場にある子連れでも楽しめる遊び場所。そのためレース開催日の主に土日がオープン日となります。

東京競馬場でレースを開催する期間は大勢の人が集まります。この期間の入場料は15歳以上200円ですが、有名人のくるイベントがあったり、馬とのふれあいイベントもたくさんあります。

あまり人が多いのが苦手な子連れにオススメなのは東京競馬場以外の競馬場でレースが行われる「パークウインズ」の期間。この期間は馬とのふれあいイベントが限られてしまう日もありますが、入場は無料です。

目的のイベントが開催されるかを事前にホームページでチェックしてでかけましょう!

◆お伝えしたいのが、「とにかく広い!」ということ

東京競馬場の入口は4か所あり、正門・東門・西門・南門でそれぞれ最寄りの駅が異なります。正門への最寄駅は京王線の東府中駅から延びる京王競馬場線の府中競馬場正門前駅で、歩いて2分。

駐車場は第2駐車場が歩道橋につながっているので便利ですが、パークウインズ期間でも混雑するので電車がおススメです。都内からのアクセスも良く、新宿から特急を使えば乗換含めた乗車時間は30分程度。


▲    左のエスカレーターを下りると地上へ。右奥に進むとフジビュースタンド。

駅からは屋根つきの専用歩道橋を通って2分で“フジビュースタンド”というメインの建物の3階に到着。まずは正面の中央インフォメーションで地図をもらいました。

他の入口から入っても各所にインフォメーションがあり地図やグルメマップをもらえますよ!

◆地図を見ながら目的地を決めて出発!

東京競馬場内の子連れスポットは大きくわけて3つのエリアになります。

1つめは馬場内にある“ミニ新幹線”や“フアフアターフィー”、“JRA-DOME”というアスレチック要素もある遊具施設がある広場。芝生にシートを敷いてピクニックをする家族やテーブルもあって思い思いに過ごせます。

正門からこの広場へは長い馬場下の地下道を抜けて向かいます。10分以上歩くので小さい子はベビーカー必須です。


▲    広場は街中の公園がいくつも点在しているイメージです。

2つめは競馬場で最も大きな建物、フジビュースタンド。ショッピングモールのような内装のこちらには“ベビー・チャイルドルーム”、“フードコート”や“レストラン”、馬のキャラクターの“ターフィーショップ”があります。コンビニやおむつ替えのできるトイレもあるので心強いです!


▲    フジビュースタンドの館内は欧風テイスト。ここにも馬が~!

そして3つめは正門・東門周辺のエリア。馬とのふれあいを楽しみたい方は、“ローズガーデン”や “乗馬センター”へ。夏には噴水広場もある“日吉が丘” 周辺も人気の場所。

どこをも見渡してもベンチや休憩場所がたくさんあり、のんびりとした雰囲気です。

◆乗り物好きの我が家。まずはミニ新幹線に乗りました♪

我が家は“ミニ新幹線”に乗りたかったので馬場内の広場へと向かいました!家族連れでとてもにぎわっていますが、とにかく空間が広いのでのびのびと過ごせます。

新幹線が大好きな息子はミニ新幹線を見ると目を輝かせていました。ホームに進むと乗車の際のルールの説明があり、新幹線に乗り込みます。


▲    スタッフのお兄さんが運転してくれます!

乗車中は危ないので大人も撮影禁止。なのでママと子どもが乗っているところをパパが移動しながら撮影をするという家族が多かったです。

1周のコースは、トンネル、踏切、鉄橋を通過します。鉄橋では音が変わるのを初めて聞けたので絵本では知っていた鉄橋をしっかり体感できたようです。

この日は比較的すいていたようで、2回乗れたので大満足でした。場内の施設は無料で利用できるので、ありがたいですね!

◆広場には珍しい遊具がいっぱい!

馬場内の広場は珍しい遊具がたくさんあって、小さい子ども向けや小学生でも満足できるアスレチック要素たっぷりな遊具と盛りだくさんです。

無料休憩所や授乳室も近くにあり、無料の給茶所もあります。水やお湯も利用できるので子連れには本当に助かりますね。


▲    右手には広めの授乳室もありスタッフのお姉さんがいるので安心です。

授乳室内には女性スタッフがいて、安全面でもとても安心でした。全体的にスタッフの数が多く気さくに声をかけてくださること、そして気になっていた煙草ですが禁煙のエリアが多くほとんど気になりませんでしたよ。

◆プリンセスになった気分!馬車にも乗ったよ♪

この日は乗馬センターでイベントがあった関係で、馬とのふれあいは馬車の運行だけでした。14時20分から整理券を配り始めるので、正門の方に戻ってけやき並木に向かいます。


▲    6人乗りなので意外と待たずに進みます。整理券があれば時間内に戻ればOK。

14時30分から15時30分まで先着130人が乗れるのですが、こちらも人気のイベントのひとつ。乗馬ではなく馬車なので、なんだかプリンセスな気分。女の子はすごく喜ぶだろうな~、と思いました。バラの時期にはローズガーデンもきれいだろうな……。

◆競馬場ならではの名物“大穴ドーナツ”が人気らしい!!

近くにいた緑色の制服を着たガイドさんにお話を聞くと、フジビュースタンドの3階で買えるドーナツがおいしいとのこと!早速行ってみることに。


▲ 本命ドーナツなど競馬にちなんだフードも人気。

東京競馬場はグルメマップがあるほどで、食事には困りません。我が家は3階のトーキョーカフェ&ベーカリーで軽食を買って、その横のテラスでひとやすみ。景色もきれいでパンもドーナツもおいしくって、気持ちがよかったです。


▲    3Fのテラスにはテーブルもあって子連れにおススメ。眺めもいい。

◆ベビー・チャイルドルームの充実ぶりに驚きました!

フジビュースタンドの2階にはベビー・チャイルドルームがありました!大きな窓の広々とした場所で、授乳室やトイレも広くてきれい。


▲ 広くて清潔感があっておもちゃも充実していてとっても快適!

テレビもあってアニメを楽しむ親子がいたり、まだハイハイの赤ちゃんが壁に磁石を貼っていたりとっても楽しそう。

小学校低学年までが保護者同伴で9時~16時まで無料で利用でき、レース開催日はとっても賑わうそうです。常連さんも多く、近所に住んでいたら確かに通ってしまいそう。

◆子連れに優しくてリピーターが多いのも納得。

広くて色々な場所で遊べるのでとにかく楽しかったのと、有名なテーマパークのようにお掃除が行き届き、きれいで清潔感もあり、警備員さんやガイドなどスタッフも多くて安全ということを強く感じました。


▲    迷子用のシールもターフィー君。細かい配慮に感動ばかり。

「子連れだと、レースを見に来ている人からは邪魔だと思われないかしら?」とも思ったのですが、みなさん集中されているので?居心地悪いことは全くなく、時には声をかけてもらうくらい。息子も楽しかったようで、帰りの車でも爆睡でした。

我が家はパークウインズの日に行ってきましたが、レース開催日には実際に走ったりする普段とは違った馬の表情を見ることができるとのこと。小学生にあがるくらいの子どもにはよさそうだなと思いましたし、実際多いようです。

都内で思いっきり体を動かせてずっといても飽きることがない、馬と自然を満喫できる素敵な場所。ぜひ行ってみてください♪

東京競馬場 馬とのふれあいイベント・子ども向け遊具 >
■住所:東京都府中市日吉町1-1
■電話:042-363-3141
■営業時間:開催日 9:00~17:00
*各イベントのスケジュールはHPでご確認ください。
■料金:競馬開催時 200円(15才未満無料)/パークウインズ時 無料
■アクセス:・京王線「府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2分。
・京王線「東府中駅」南口から東門まで徒歩約10分。
・JR武蔵野線/南武線「府中本町駅」臨時改札口から
専用歩道橋にて西門まで徒歩約5分。
・西武線「是政駅」から南門まで徒歩約10分。
*日吉が丘公園は開放日がイレギュラーなためHPでご確認ください。
http://www.jra.go.jp/facilities/race/tokyo/access/hours.html