Cocoful ココフル

おでかけ

いちご狩り「世田谷いちご熟」 世田谷区

2018.05.15

福音館書店の「いちご」という絵本、読んだことありますか? いちごが大好きな1歳の息子はこの絵本が大好きです。絵本を読みながら、いちご狩りに連れて行ってあげたいと思いつつ、気づけばシーズンオフ目前。

そんな時に、なんと世田谷の上野毛でいちご狩りができるという情報をゲットし、さっそく行ってきました♪


▲もぎたては新鮮で、とってもジューシーでした。

◆駅からのアクセス♪ 住宅街に突如現れるいちごの看板が目印

最寄駅は東急大井町線の上野毛駅。お隣は子連れの聖地、二子玉川駅なので東京の東エリアからもアクセスのいい場所です。世田谷の上品な雰囲気の中に畑が所々にあるような、とてものどかなエリアでした。


▲ホームからはエレベーターがあるのでベビーカーでもOKです。

駅からは徒歩10分。正面口改札を出て、右の商店街沿いをまっすぐ進み、川にぶつかるので、橋を渡らず川に沿って左へ歩くと“いちご” の看板と旗が迎えてくれます。

目印は中町小学校です。住宅街の真ん中にあり、近隣に駐車場もないので、公共の交通機関がおすすめ。ベビーカーや自転車は敷地内のスペースに置くことができます。


▲ベビーカー・駐輪スペースもありました。

駅からの途中にはドラッグストアやスーパー、コンビニがたくさんあるので、川の手前で買い忘れがあれば買っておきましょう♪

◆いちご狩りを待つ時間も楽しい

さっそく受付をします♪ いちごは限りがあるので定員制になっています。先着順なので予約はできません。混雑する日曜日などは早くに締め切ってしまうそうです。


▲受付はこちらで。アイスも買えますよ。

料金は30分の時間制で食べ放題。料金は大人(中学生以上)2,000円、子ども(2歳以上)1,700円です。スムーズに受付が進むよう、おつりなきようご用意を。そして住宅街なので、お静かに♪

この日もたくさんの小さな子連れの家族や5組くらいの親子連れの団体さん、大学生らしき女の子たちでにぎわっていました。


▲手をきれいにしたら、出発♪

練乳のはいった入れ物を受け取って、入り口で手をきれいにしたら、いざ温室エリアへGO!こちらで扱ういちごは2種類で、“あきひめ”と“紅ほっぺ”です。温室は3つあり、どこでも2種類のいちごを食べられるので、ご安心を。


▲練乳をつけてもそのままでもとってもおいしい。

◆いちご狩り、スタート♪ 温室の中にはいちごがいっぱい


▲べにほっぺのエリア。食べ比べを楽しんで。

温室に入ると、真っ赤ないちごがたくさんありました。息子は初めて見る栽培されたいちごに驚きながらも、すぐに手を伸ばしていちごを食べ始めました。

こちらのいちご栽培法は、“高設栽培”というスタイルで、しゃがんでいちごを探すスタイルではなく、90センチ弱の息子が背伸びをして垂れ下がるいちごに手が届くくらいの高さなのです。2~3歳くらいの子なら楽々とひとりでいちごを採って食べられますね。


▲まだフォローが必要ですが、背伸びすると手が届くくらい。

絵本「いちご」を思い返しながら、まだ小さないちごや緑色のいちごはすっぱいから採らないように、「赤いいちごがおいしいよ」と話しながら、むしゃむしゃ……。

最初はいちごに夢中だった息子も、満たされると観察の時間に。不思議な箱を見つけ、のぞいてみると、授粉用のハチがたくさん入っていました!まだ1歳ではわかりませんが、もう少しお兄ちゃんになったら、どうやっていちごができるのかを学べる貴重な機会になりますね。


▲この中にはハチがいっぱい!

あっという間に30分が経過して退室の時間に。名残惜しそうでしたが、たくさん食べて満たされたようで、ニコニコしていちごにバイバイできました。

子連れでいちご狩り♪ 必須アイテムを伝授!

いちご狩りでは、エプロンやスタイなどがあると便利。そしてお手拭きタオルはマストです。

ひと仕事終えて出てきた息子を見たママさんたちから、「なるほど~、これは必要だね!」と、いちご狩り必須アイテムの話で盛り上がりましたよ。

開園日は水曜と日曜ですが、日曜は大変混みあうので、可能であれば平日の水曜日をおすすめします。我が家ものんびり日曜のお昼まえに到着したら、すでに定員いっぱいで締め切っていたことも。

そんな時は、オリジナルの「練乳いちごアイス」がおすすめです♪ このアイスがすごくおいしくて、練乳の甘さといちごの甘酸っぱさが絶妙で、甘すぎずさっぱりしているから子どもにも安心して食べさせられます。


▲超おすすめの練乳アイスは300円で販売しています。

他にも、いちごジャムやいちごゼリーの販売もあるそうですが、どちらも人気で、今年は残念ながら販売終了。アイスはまだ購入できるので、お土産にぜひ買ってみてください。

我が家はあまりのおいしさに、2回目に訪問したとき、5つテイクアウトしちゃいました♪ 現地でもアイスを食べられますが、お土産にしたい場合は、保冷袋があると安心です。迷ったら、ぜひ持参してください!!


▲手書きのかわいい看板がたくさんあります!

いちご狩りのシーズンは終盤ですが、もう少し楽しめるようなので、今シーズンいちご狩りに行けなかった方は、都内から気軽に行ける「世田谷いちご熟」へ行ってみてください♪
(取材・文 アネモネ)

世田谷いちご熟

■住所:東京都世田谷区中町4-32-1
■電話:03-3701-5171
■開園日:水曜日・日曜日
■開園時間:10時頃~いちごがなくなり次第終了
■料金:大人(中学生以上)2,000円、子ども(2歳以上)1,700円

*営業期間や時間はいちごの状況により変動します。

公式ホームページ内のブログやFacebookで最新情報をご確認ください。