Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

るなぱあく(前橋市中央児童遊園) 群馬県前橋市

2021.10.08

入場料が無料、大きな乗り物は1回50円、電動の木馬と小型遊具は1回10円という、破格の金額で遊べる『るなぱあく』。小さな子でも1人座りができればすべての乗り物に乗車OKで、4歳からは全アトラクションを1人で利用できます。しかも、3歳以下の子どもに付き添う大人は無料(子ども1人につき大人1人)で乗ることができるというから、なんてお得なのでしょう。子どもに「どんどん乗っていいよ!」と安心して言える、お財布に優しい遊園地です。

アトラクションは8種類!立体迷路「とことこ迷城」にも挑戦しよう

アトラクションはゆったりめのものが多く、満点のスリルは味わえないかもしれませんが、遊園地デビューの子には打ってつけです。乳幼児から小学校低学年くらいまでの子どもなら、十分に満足できることでしょう。我が家の小学校低学年&幼稚園児の子どもも、大はしゃぎで遊び回りました。

園内にはどのような乗り物があるのか、ずらりと紹介していきます。

ひこうとう

屋根付きの、かっこいい飛行機型の乗り物です。低い位置からスタートし、ゆっくり回りながら徐々に高く上っていきます。木の上部を近くに感じられるほどにまで上昇するため、運行風景を下から眺めていた我が家の子どもたちは
「なんだかちょっと恐そう」
と少し不安そうにしていましたが……いざ乗ってみたら
「すごく高く上がるから気持ちよくて楽しい」
と笑顔いっぱい。見晴らしの良い飛行機の窓から外を覗き、私の姿が見える度に元気よく手を振ってくれました。

くるくるサーキット

スポーツカーの形をした乗り物に乗り、三角形に敷かれたレールに沿ってくるくると回ります。スタート時はゆったりとしたアトラクションなのかと思いましたが、三角形の頂点の部分を鋭角に曲がる時だけ動きが速くなります。加速する時に遠心力でグイっと引っ張られる、程良いスリルを何度も味わいたかったようで、我が家の子どもたちは5回も乗りました!

ミニヘリコプター

ヘリコプター型の乗り物に乗り、比較的ゆっくりめに回ります。レバー操作で、上がったり下がったりを自在に調節可能。レバーの発射ボタンを押すと音が鳴ります。さまざまな楽しみ方を満喫できるアトラクションなので、我が家の子どもたちもすっかり気に入りました。

まめきしゃ

約200mの円周軌道を3分かけてゆったり運行する、5両編成のかわいい汽車です。途中でトンネルをくぐりつつ、園内の花や乗り物などを見渡しながらぐるりと周回します。妊婦さんや車椅子の方も安心して乗ることができ、さまざまな方が楽しめるアトラクションですね。

まめじどうしゃ

消防車やパトカー、救急車など、いろいろな車種が用意されたバッテリーカーです。我が家の子どもたちは、自分で運転できることがうれしかったのか、何度も乗りました。最初は2人乗りの車で一緒に挑戦しましたが、慣れてきたらそれぞれ1人で運転。上の子は運転が安定していたものの、下の子は最初はおぼつかないハンドルさばきで右往左往していましたが……慣れてきたらスムーズに走行できるようになり、颯爽とゴールしていました。どの車も大人が歩く程度のゆっくりとしたスピードで進むため、初めての子も安心ですよ!

くじらのなみのり

くじら型の乗り物がウェーブしつつスイスイ泳いでいるかのように、なめらかに上下しながら回ります。我が家の子どもたちは、波打つ動きが小刻みに繰り返すのが面白かったようで、
「波に乗っているみたいだった!」
と満足そうでした。群馬は海なし県なので「くじらのなみのり」でちょっぴりでも海の気分を満喫してもらえたら……と思います。

メリーゴーランド

メルヘンチックな馬や馬車に乗って、上下に動きながらゆっくりと回ります。ファンタジックな曲が流れるのかと予想していましたが『るなぱあく』の「メリーゴーランド」を盛り上げる曲は「おんまはみんな」。なんだかとても和やかな雰囲気でした。大人は馬車にしか乗れませんが、子ども1人で馬に乗るのが心配な場合は、隣に立っての乗車も可能ですよ。

ウェーブスターライド

ピエロをモチーフにした、8人乗りの小さなジェットコースターです。最大時速18kmで絶叫系というほどではないため、スリルが少々苦手な我が家の下の子も安心して楽しめます。もちろん適度な迫力はあるため、一気にスピードが増すポイントでは歓声があがっていました。

とことこ迷城

『るなぱあく』に訪れたら、木の温もりあふれる立体迷路「とことこ迷城」にも挑戦してみませんか?記憶力を要する「月」と体力を使う「陽」、2つのコースがあり、初めてチャレンジする時は「月」コースがおすすめ。どちらのコースも、なかなか見つけられないスタンプを3つ集めながらゴールへと進んでいきます。スタンプ台の置き場所が毎日変わるので、訪れる度に新たな気持ちで挑めますね。迷路の出口で「脱出証明印」を押してもらったスタンプカードをたくさん集めると『るなぱあく』オリジナルグッズをもらえますよ!
迷路内にはさまざまな仕掛けがあるのですが、詳しい内容は入ってからのお楽しみ!「陽」コースは身体を使う場所が盛りだくさんなため、荷物をあまり持たず身軽な状態にしてから入りましょう。

貴重な木馬やレトロな小型遊具は1回10円と格安!

園内を見渡すと、デパートの屋上に並んでいたような昔懐かしいコイン式の小型遊具や日本最古の電動木馬も並んでいて、レトロな雰囲気があふれています。電動の木馬は、国の登録有形文化財に指定されているほど貴重な乗り物です。木馬も小型遊具も1回10円と、格安なのがうれしいですね!

 

各種イベントもお楽しみに

大道芸や絵本の読み聞かせ、マジックなど、園内で開催されるイベントも楽しみの一つ。数々のイベントの中でも、我が家が親子揃って特に好きなのは、子ども向けエンターテイナー・せきあっしさんのショーです。「人間紙芝居」や「洗濯機マン」など子ども心をくすぐるネタや、せきあっしさんと子どもたちの掛け合いを見ているうちに、大人も思わず笑いながらあっしさんの世界観に惹き込まれます。我が家の子どもたちは何度もせきあっしショーを観覧したことがありますが、繰り返し見ても飽きません。
コロナ禍で、各種イベントを見られる機会が一時的になくなってしまいましたが、収束後に再開される日を心待ちにしています!

 

まとめ

『るなぱあく』は広すぎないため、小さな子でも全体的に回りやすいのもポイントの一つ。園内には授乳やオムツ交換のスペースもあるので、小さな子ども連れのファミリーも安心ですよ。ベビーバギーや車椅子をレンタルできるのもうれしいですね。さらに、テーブルと椅子が設置された休憩スペースも設けてあるため、お弁当を持参して昼食をとることも可能です。お昼ご飯の用意が大変な場合は、園内にあるカフェ「おむすびのマム」やケータリングカー(キッチンカー)を利用してはいかがでしょうか。(ケータリングカーの出店は、コロナ禍では平日のみですが、今後変更になる可能性もあるため事前にご確認を)。

1954年に開園し3世代にわたって親しんでいるご家族も多い『るなぱあく』は、県内外から大勢の人々が訪れます。天気や曜日によっては混み合うことも予想されるため、ぜひ入園予約システムで予約をしてからお出かけください!

入園予約システム: ※ドメイン指定受信設定 @lunapark-maebashi.com

(取材・文/小川郁恵Tamura)

基本情報

名称 るなぱあく(前橋市中央児童遊園)
WEB https://www.lunapark-maebashi.com/
営業時間 3月1日~10月31日 9:30~17:00、11月1日~2月28日 9:30~16:00
※新型コロナウイルス感染症が収束するまでは、土日・祝日のみ午前の部・午後の部に分けて営業(各部の定員400名)。
■午前の部 9:30~12:30(受付時間8:45~11:45 ※「とことこ迷城」は9:30~12:00)
■午後の部 3月1日~10月31日 14:00~17:00(受付時間13:15~16:15 ※「とことこ迷城」は14:00~16:00)
11月1日~2月28日 14:00~16:00(受付時間13:15~15:15 ※「とことこ迷城」は14:00~15:00)
※今後、営業時間や開園日などに変更の可能性がありますので、公式ホームページなどで最新情報を確認してからお出かけください。
◎入園予約システム:https://lunapark.club/login.php ※ドメイン指定受信設定 @lunapark-maebashi.com

定休日 火曜日  ※春休み・夏休み期間は開園
住所 群馬県前橋市大手町3-16-3 地図を見る
アクセス 【両毛線「前橋駅」北口のバスロータリーから】
■1番乗り場「前橋公園行き」バスに乗車 ⇒「前橋公園前」バス停で下車し徒歩3分
■5番乗り場から「桃泉・上野田方面」バスに乗車 ⇒「るなぱあく・臨江閣前」バス停で下車すぐ ※2021年10月1日、日本中央バス・榛東線に「るなぱあく・臨江閣前」バス停を新設
■6番乗り場から高22「新前橋駅西口行き」バスに乗車 ⇒「遊園地坂下」バス停で下車し徒歩3分

【上越線・両毛線「新前橋駅」西口のロータリーから】
「総合スポーツセンター行き」バスに乗車 ⇒「遊園地坂下」バス停で下車し、徒歩3分

【上毛線「中央前橋駅」から】
「中央前橋駅前」(北循環31)でマイバスに乗車 ⇒「臨江閣前」バス停(北循環10)で下車し、徒歩3分

【車の場合】
関越自動車道「前橋IC」から国道17号を県庁方面へ。群馬大橋を渡り「県庁南」交差点を左折したあと「大手町」信号を直進すぐ右(または、中央大橋を渡り「大手町」信号を左折)
料金・参加費 ■入園料/無料
■大きな乗り物/1回につき50円の利用券1枚(ひこうとう、くるくるサーキット、ミニヘリコプター、まめきしゃ、まめじどうしゃ、くじらのなみのり、メリーゴーランド、ウェーブスターライド)
■回数券(50円券11枚つづり)/500円
■団体割引(5名以上で要予約・平日限定)/1日券1人400円
■手帳割引(るなアシスト)/50円券・回数券・団体料金を半額 ※規定あり。詳細は公式ホームページをご確認くださいhttps://www.lunapark-maebashi.com/guide.php
■コイン式の電動木馬と小型遊具/1回10円
■とことこ迷城/1コースにつき専用チケット200円
お問合せ

電話:027-231-6774

関連情報

【新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策】
●アトラクションの入口・出口では毎回、運行スタッフが乗降車客の手指をアルコール消毒しています(アルコールにアレルギーなどがある方は、使い捨て手袋を持参すると安心です)
●遊具によっては、座席に制限を設けられることがあります。
●運行スタッフは、手袋やマスクを着用します。
●入場の時間や人数に制限が設けられています。
●イベントの開催は、当面の間は自粛となっています。

【下記に該当する方は入園を控えましょう】
●入園時の検温で37.5℃以上の発熱があった方・グループ
●新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した方
●同居の家族や身近な知人などに感染を疑われる人がいる方
●風邪の症状など体調不良がある方
●入園後に体調が悪くなった方
●政府から「入国を制限されている」または「入国後の観察期間が必要とされている」国・地域へ、2週間以内に渡航した方。または該当の国・地域の在住者と濃厚接触がある方

【安心して楽しむために】
●園内ではマスクを着用する(3歳以下を除く)のがルールです。
●こまめな手洗いと咳エチケットを忘れずに。
●人との距離は1メートル以上保ちましょう。

この記事が気になったら
シェアしよう