Cocoful ココフル

  • 友だち追加

シーズン

【子育て】お彼岸の意味を知っていますか?

2020.09.18

太陽が、一番極楽浄土に近づく日

お彼岸の正しい意味を知っていますか?
お彼岸は、1年に2回。春分の日と秋分の日の前後1週間です。

最初の日が「彼岸の入り」。今年の秋のお彼岸は9月19日(土)
春分の日と秋分の日は、「中日」22日(火)です。
「中日」には、昼と夜の長さが同じになります。

「おはぎ」を食べる日じゃないですよ!

お彼岸というのは、あの世のことです。
春分の日と秋分の日は、太陽が真東から出て真西に沈みます。

極楽浄土は西にあると言われていたから、
太陽が一番その入り口に近づくということで あの世にいるご先祖さまの供養をするようになったとのことです。

ご先祖様がいるから、あなたがいることを教えたい

あなたのお母さんとお父さん、そのまたお母さんとお父さん、
ご先祖様がいて、今のあなたがいるんだよ。 そんなことを教えてあげたいですね。

お墓がそれほど遠くないのなら、おでかけがてら、お墓まいりもいいですね。
お墓が遠ければ、ご先祖様のお話をしながら、おはぎを食べる。

それでもいいと思います。そんな時間を持つことが大切なのではないでしょうか。

今、自分がいることの不思議さ、奇跡、そんなことに思いをはせることができたなら、
そして、誰もが特別な存在であること、大切な存在であることがわかれば、
虐待もいじめもきっとおこらないような気がするんですけれど、どうでしょう。

higanbana

画像は彼岸花です。秋のお彼岸の頃だけ、ちょうど咲く不思議な花です。
春のお彼岸とは違う雰囲気を演出してくれる花ですね。
心穏やかに過ごせますように。

 

 

 

この記事が気になったら
シェアしよう