Cocoful ココフル

  • 友だち追加

NEWS

もっと絵本がある⽣活を!『のびのび読み』公式アンバサダーに松尾翠さんが就任!

2021.10.10

のびのび読みってしっていますか?

絵本を「読む」ようになる前、⾚ちゃんのころから楽しく本と触れ合ってほしい。そんな想いから、2016年ポプラ社のパパママ社員の声から生まれたのが「のびのび読み」です。

本への⼊り⼝、まずは「本って楽しい」から。絵本は、スキンシップやおもちゃなどと同じ、楽しいコミュニケーションツールです。2021年、10⽉より『のびのび読み』は、公式アンバサダーに、フリーアナウンサーでSENSE OF WONDER主宰の松尾翠さん、監修者に柴⽥愛⼦先⽣を起⽤し、プロジェクトのリニューアルをしました!

公式アンバサダー 松尾翠さん よりコメント

のびのび読み公式アンバサダー松尾翠さん

⼤⼈も⼦どもも「のびのび読み」がきっと⼼地いい。

我が家は、本棚を家の顔のように造っていて、本は、リビングや各所いろんなところに、“当たり前の存在“として点在させています。読む本も飾る本も⾊々。
⼦どもたちの個性と、「今」の興味を感じながら本を選んだり、そっと置いておいたりすることもなかなか楽しい。
本を通して誰かの好きを知れること。
本屋さんを始めたり、⼦どもたちと過ごしたりする⽇々の中、これはとても幸せなことだなぁと噛みしめています。
⼩さくて⼤きな、本からつながる喜びを。
ハードルは低いくらいでちょうどいい。

私は、本について、ものすごく雑⾷。
好きになったものを何度も読む癖もずっとあって
新規開拓の多さや読書の幅の広がりについては⾃分でも疑問がある。
果たして本をたくさん読んでいるのかどうかも、考えてみるとよくわからない。
でもそんなことはちっとも関係なく、本が⼤好きで
本という存在そのものが⼤好きだ!と胸をはって思っています。
⾃分だけの本の楽しみ⽅を、いろんなスタイルで。
⼤⼈が⾃由に本を楽しむ姿こそが
「なにやら、⾯⽩そうだぞ」と、⾃然に⼦どもを引きつけてしまうと思っています。

⼦どものセンサーは敏感だもん。
家の中に本が佇む、その気配を楽しむ。
匂いを楽しむ。選ぶことを楽しむ。
本とのかかわり⽅の⾃由度をどこまで上げていけるかな。
私は、そんな⾵に本と共⽣しています。 【のびのび読み ホームページより抜粋】

のびのび読み公式アンバサダー松尾翠さん

松尾翠さん プロフィール

元フジテレビアナウンサー。SENSE OF WONDER主宰。
京都で暮らし、夫と3⼈の⼦どもたちとワンダフルワールド展開中。
本からつながる⾊んな可能性を形にする「SENSE OF WONDER」を今年からスタート。
本を通して体験することや、本の気配のあるくらしを創ることをモットーに、本と暮らしにまつわるものの販売、選書、
執筆などを⾏う。
現在はオンラインショップで、その⽉限定のおすすめの本や、花束のようなお茶、京都の逸品などを受注式で取り扱って
いる。京都にて移動本屋さんやイベントも予定。
WEB:https://www.senseofwonderbooks.jp/
Instagram:公式@senseofwonder_kyoto 松尾翠@midori.matsuo_offical
Facebook : https://www.facebook.com/SENSEOFWONDERKYOTO
ブログ : https://ameblo.jp/matsuomidori0811/

監修 柴⽥愛⼦先⽣ よりコメント

柴田愛子先生

幼い⼦どもは、なにもかもが“あそびもの”!

幼い⼦どもたちは、⾒るもの、聞くもの、触るもの、どれも新しい!
好奇⼼いっぱいです。ねんねのときでも、⼿の届くところにあるものに触れようとします。
やがて、はいはいして、⽴って歩けるようになると、ますますテリトリーは広くなっていきます。ティッシュであろうと、ぬいぐるみであろうと、タオルであろうと、ほこりであろうと⾃分に引き寄せてあそびます。そのなかに絵本もあれば然り。「ちょっとかたいぞ?」「ひらひらする」「きれいないろだ」と⼿にします。あっちにむけたり、こっちに向けたり、上に上げたり、おしりをのせたりしながら何者かをさぐっていきます。なにもかもが“あそびもの”なのです。
そこに、パパやママがやってきて、「きれいねぇ」「おもしろいね」と共感してくれたら最⾼! お膝に乗せてページを
めくってお話してくれたら、うれしいうれしい。こんな絵本との出会いがいいですね。
ストーリーやメッセージに気づくのはまだ先です。ゆっくり⼦どものペースでいきましょう。

柴⽥愛⼦先⽣ プロフィール

1948年、東京⽣まれ。
私⽴幼稚園に5年勤務したが多様な教育⽅法に混乱して退職。
OLを体験してみたが、⼦どもの魅⼒がすてられず再度別の私⽴幼稚園に5年勤務。
1982年、「⼦どもの⼼に添う」を基本姿勢とした「りんごの⽊」を発⾜。
保育のかたわら、講演、執筆、絵本作りとさまざまな⼦どもの分野で活動中。テレビ、ラジオなどのメディアにも出演。
⼦どもたちが⽣み出すさまざまなドラマをおとなに伝えながら、⼦どもとおとなの気持ちのいい関係づくりʼをめざして
いる。
著書『⼦育てを楽しむ本』『親と⼦のいい関係』(りんごの⽊)『こどものみかた』(福⾳館書店)『それって、保育の
常識ですか?』(鈴⽊出版)『今⽇からしつけをやめてみた』(主婦の友社)『とことんあそんで でっかく育て』(世
界⽂化社)『保育のコミュ⼒』(ひかりのくに)『あなたが⾃分らしく⽣きれば、⼦どもは幸せに育ちます』(⼩学館)
絵本『けんかのきもち』(⽇本絵本⼤賞受賞・ポプラ社)『わたしのくつ』(ポプラ社)その他多数。

のびのび読みオンラインイベントを10⽉26⽇に開催決定!

のびのび読みリニューアル×ララガーデン川⼝13周年を記念して、10⽉26⽇(⽕)に0〜2歳のお⼦様と保護者様に、オンラインイベントを開催します。
10⽉11⽇〜ララガーデン川⼝内のくまざわ書店、アカチャンホンポにて、お買い物をされた⽅を対象に、オンラインイベント参加⽤QRコード付きカードを配布致します。
くまざわ書店では、のびのび読みにおススメの絵本フェアを開催中です。
詳しくはララガーデン川⼝ホームページをご覧ください。
■開催⽇時:2021年10⽉26⽇(⽕)10:30〜11:15
■ZOOM(ポプラ社アカウントにて)
■運営協⼒:ララガーデン川⼝
ララガーデン川⼝公式サイト

「のびのび読み」プロジェクトとは?

ポプラ社は、1947年に⼦どもの本の出版社として創業。今もʻ⼦どもと昔⼦どもだったすべての⼈にとって、良質の本を届けることで社会に貢献していくことを企業理念とし、読書推進活動にも⼒を⼊れています。「のびのび読み」は、2016年にポプラ社のパパママ社員の声から⽣まれた、絵本をコミュニケーションツールとして活⽤してもらうことで、⼦どもと本の出会いを応援するプロジェクトです。誰もが絵本がある⽣活をイメージできる、本の読み⽅、置く場所、読む時間をご提案していきます。ライフスタイルに合ったおすすめ絵本もご紹介中です。

基本情報

名称 「のびのび読み」公式アンバサダーに松尾翠さんが就任!
内容・特徴

『のびのび読み』公式アンバサダーに松尾翠さんが就任

のびのび読みオンラインイベントを10⽉26⽇に開催決定

「のびのび読み」ホームページでは、みんなのおすすめ絵本をご紹介

投稿⽤フォーム>>
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lhnf-lfncmf-1b5582b6ccd923dc7fc246905a6c8764

企業情報/情報提供元 株式会社ポプラ社
本社所在地:〒102-8519 東京都千代⽥区麹町4丁⽬2番地6 住友不動産麴町ファーストビル8・9階
設⽴:1947年6⽉
事業内容:児童書、⼀般書などの出版
関連URL https://www.poplar.co.jp/company/nobinobiyomi/
この記事が気になったら
シェアしよう