Cocoful ココフル

おでかけ

原鉄道模型博物館 横浜市

2017.04.05

横浜駅東口から徒歩10分足らず。原鉄道模型博物館は、鉄道ファンにはもちろんのこと、非テツのママや女の子もとっても楽しめるステキな場所です。

2016-04-14 11.35.22

▲入口は、やっぱり改札口でなくっちゃね

◆ 「テツ」も「非テツ」も大満足の美しいジオラマ

走行させるこの博物館の一番の魅力は、やはり鉄道愛に満ちた収集家、原信太郎さんのそのコレクションの数々。

鉄道が大好きだった原さんが4歳のころ、関東大震災にあったときに手で握っていた列車のおもちゃから、12歳で初めて作った鉄道模型、一番切符、それらのエピソードが丁寧に説明された展示室は、鉄道ファンにはたまりません。

では、鉄道ファンではないと、この博物館はつまらないものなのでしょうか?決してそんなことはありません。

HOゲージ模型を展示したパサージュをすぎると、突如目の前に現れる「いちばんテツモパーク」。こここそが、鉄道ファンであれば、その列車の精巧な造り、音、情景、細部にため息を漏らし、鉄道ファンでなくとも、まずはその美しさに声をあげてしまう巨大ジオラマです。

◆品のいい解説がうれしい

一般公開されている一番ゲージの室内ジオラマとしては世界最大級だとか。個人の収集でここまでやるかというスケールの大きさに、まず度肝を抜かれます。

本物の車両が本物の街を走るような臨場感。その駅舎はフランスのリヨン駅を模しており、時計も正確に動いています。

2016-04-14 10.18.27

ふと視線を移せば、背後にはリヨン駅の構内のような背景が作られています。

2016-04-14 11.25.02

▲背景に注目。リヨン駅構内を模しています

場内には、次に走る列車は何かを説明してくれる解説者がおり、これがまたゆったりとしたアナウンスで落ち着きます。聞けば、通常の模型であれば軽い音しか出ないため、本物らしくするために鉄のレールの上を鉄の車輪で走らせ、重くしているとか。もちろん列車が通れば信号も変わりますし、本物と同じように架線から電気をとっているそうです。

2016-04-14 10.56.16

▲駅から出てきた人、これから乗る人

2016-04-14 10.17.26

▲かわいらしい住宅が並ぶ中、列車はゴトンゴトンと本物のような音をたてて走ります。

2016-04-14 10.22.07
▲屋上では洗濯物を干しています

街には、散歩する人、洗濯ものを干す人、話し込んでいる人などがリアルに表現されています。毛づくろいをしているネコまでいて、見ているだけで飽きません。

2016-04-14 10.51.20

▲街から田舎へ、ゴトンゴトン

2016-04-14 11.07.52

▲ずっと見ていたい

◆「ウォーリーを探せ」的な楽しみ方も!

解説者は、列車の説明をするだけではありません。「ジオラマの中には、たんぽぽが一輪咲いております」とか「この中で和服を着た女性が3人ほどいます。どちらにいるかわかりますでしょうか。ひとりは駅舎の中2階……」などと言ってくれるものだから、どれどれ?とリヨン駅の中を覗き込めば、本当だ!和服を着た女性が駅員さんと話している!と子どもも大人も大喜びです。

そして、時間が経つと、ジオラマは夜の情景に変わっていきます。ぽっと光るホタルが飛び交い、駅舎の灯りはまた望郷の念を呼び起こします。

2016-04-14 10.24.57

また昼間になり、夜になり、といつまでたっても飽きることがありません。ぜひ、場所を変え、いろいろなところからジオラマを見ることをおすすめします。
都会、郊外、お金持ち、庶民 といったさまざまな光景を楽しめます。

 「動鉄実習」では、本物の運転台を使って鉄道模型を運転できます。迫力満点の臨場感を楽しめますよ。

2016-04-14 10.49.24

いちばんテツモパークジオラマの奥には横浜ジオラマもあります。横浜っ子には見逃せません。

2016-04-14 11.22.33

その手前には小さい子のための靴を脱いで休憩できるスペースがあります。

2016-04-14 10.36.00

そこにあるおもちゃはもちろんプラレールです!

◆ゴールデンウィークの前後に、トーマスがくる!

それほど広い博物館ではないので、おじいちゃんおばあちゃんと行くのにもおすすめ。座るところもあるのでお年寄りも疲れないと思います。列車好きな男の子、シルバニアファミリーやおままごとが好きな女の子。パパはもちろんママもお年寄りも楽しめる。そんな原鉄道模型博物館ですが、2017年4月19日~5月15日までは、トーマスファンにさらにうれしいイベントを開催中です。

<きかんしゃトーマススペシャルギャラリー>

2017年4月19日(水)~5月15日(月)

◆スプリングパーティーでトーマスたちといっしょに遊ぼう!

きかんしゃトーマスが生まれたイギリスでテレビシリーズの撮影に使われていたトーマスたちがGWに帰ってきます!
今回は、スプリングパーティーの装飾に彩られた世界最大級の一番ゲージジオラマ“いちばんテツモパーク(約310㎡)”を
トーマスたちが走ります。


©2017 Gullane(Thomas)Limited.  

※走行時間、キャラクターは日によって異なります。

◆原鉄道模型博物館「世界の鉄道模型」特別展示

2017年4月8日全国ロードショー映画 きかんしゃトーマス
「走れ!世界のなかまたちTHE GREAT RACE」にちなんで、世界中の鉄道模型を所蔵する原鉄道模型博物館ならではの特別展示を行います。
映画に登場している世界各国のキャラクターたちを紹介するとともに、そのモデルとなった車両や原模型を比較して特徴を解説します。


©2017 Gullane(Thomas)Limited.

◆アンケートに答えて豪華賞品をもらっちゃおう!

スペシャルギャラリー期間中、原鉄道模型博物館のアンケートに答えて、今話題の大井川鐵道トーマス号乗車券などが当たるプレゼントキャンペーンに応募しよう!

【応募方法】

館内に設置されたアンケート用紙に必要事項を記入して、館内の応募箱に投函してください。
※当選者の発表は、厳選なる抽選の上、発送をもって代えさせていただきます。(6月初旬頃予定)

【賞品内容】

大井川鉄道トーマス号乗車券4枚セット ……………………2組8名様
※1組につき大人2枚+小人2枚(片道/日時指定)
タカラトミー「プラレールトーマスシリーズ」…………………17名様
トーマスタウン新三郷「きかんしゃトーマスTシャツ」 ………5名様


©2017 Gullane(Thomas)Limited.

原鉄道模型博物館

■住所 横浜市西区高島1‐1‐2 横浜三井ビルディング2階
■問い合わせ 045-640-6699
■開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
■休館日 火曜(5/2は営業)
■入館料 大人1000円 中・高校生700円 小人(4歳以上)500円(消費税込)