Cocoful ココフル

カルチャー

【伝統芸能】夏休み親子企画 国立劇場各館

2019.05.27

伝統芸能って、むずかしそうだから子どもには無理!
そんなことを考えている人はいませんか?

実は逆です。子どもの感性はストレートで、真っ直ぐに受け取ってくれますよ。ですからなるべく小さい頃から親しんでおくことをおすすめします!

夏休みは親子で楽しめる企画がたくさんありますので、ぜひこれをきっかけにして、伝統芸能に親しんでください。


▲国立劇場

◆夏休みの宿題対策にも!

たとえば小学生であれば、夏休みの宿題にもできそうです。初めて見る歌舞伎や日本舞踊、邦楽などに子どもたちはどんなことを感じるでしょう。会場の外観や内観、ワークショップなどの様子もできれば写真にとっておき、家に帰ったら、感想をまとめておきましょう。小さい子であれば、子どもたちの感想はぜひ書き留めておいて。初めて触れる伝統芸能の思い出は、記録にすればよい思い出にもなりますよ。


▲昨年の客席の様子(国立文楽劇場)


親子で楽しむ舞踊・邦楽【7月6日(土)】

実際に舞台で使われる 小道具や楽器の体験、実演を交えた解説、演目鑑賞と、3ステップで楽しめます。日本舞踊と邦楽の世界をグッと身近に感じられそうです。

【体験コーナー】12:00~13:30(事前申し込み・本公演のチケット購入者対象)
●ふれる 国立劇場の大稽古場で体験しようー踊り・小道具・邦楽器の体験

【公演】14:00開始
●学ぶ 舞踊・邦楽を知ろう 成り立ち・特色 見どころ、聞きどころ 初めてのお稽古
●見る聞く 演奏 「小鍛冶(こかじ)」 舞踊 「鷺娘(さぎむすめ)」

【申し込み】電話・インターネット4月28日(日)~6月28日(金)
【場所】東京 国立劇場小劇場
【料金】親子料金 親2,000円 子(18歳以下)1,000円 (親子同時購入の場合のみ適用されます)
一般 2,500円 学生1,800円

詳細は、国立劇場公演ページ


▲ 体験コーナーの様子(過去の公演より)

 


▲国立劇場マスコットくろごちゃん


●親子で楽しむ歌舞伎教室

解説を聞いてから見るので楽しめます。舞台装置の解説などダイナミックで、子どもたちも興味津々。

【日にち】7月19日(金)~24日(水)
【演目】解説「歌舞伎のみかた」
「菅原伝授手習鑑 ―車引―」「棒しばり」

子ども用イラスト入りプログラムをもらえます。

インターネット申し込み 5月25日(土)10:00~
電話予約開始 5月26日(日)10:00~
【場所】東京 国立劇場大劇場
【料金】親1等2000円 2等1500円 子1等2等とも1000円

詳細は、国立劇場公演ページ

●親子で楽しむ演芸会

お笑いが好きなら、まずはこちらから!来場者に素敵なプレゼントあり。

【日にち】7月28日(日)13:00~
【演目】落語、講談、コント、マジック、ものまね
【予約開始】インターネット5月27日(月)10:00~
電話 5月28日(火)10:00~
【場所】東京 国立演芸場
【料金】親2100円 子1000円

●夏休み親子で楽しむ能の会

子ども用イラスト入りパンフレットもらえます。当日ロビーで能の楽器体験コーナーあり。
能の神秘的な雰囲気に子どもはどんな反応をするのでしょうか?

【日にち】8月3日(土)13:00~
【演目】「おはなし」「紅葉狩」
【予約開始】インターネット5月28日(火)10:00~
電話 5月29日(水)10:00~

【場所】東京 国立能楽堂
【料金】親2300円 子1000円

▲過去の公演から(国立能楽堂)楽器体験

●夏休み親子で楽しむ狂言の会

子ども用イラスト入りパンフレットもらえます。当日ロビーで狂言面の体験コーナーあり。
狂言独特のおかしさは、1度見るとやみつきになるかも!

【日にち】8月24日(土)13:00~
【演目】「おはなし」 「盆山」 「蚊相撲」
【予約開始】インターネット5月28日(火)10:00~
電話 5月29日(月)10:00~
【場所】東京 国立能楽堂
【料金】親2300円 子1000円

▲過去の公演から(国立能楽堂)面

●夏休み文楽公演 親子劇場

日本が世界に誇る人形劇。魂が宿っているとしか思えない文楽人形に釘付けになりますよ。
大阪なので行ける人は限られてしまうかもしれませんが、多くの子どもたちに見てほしい文楽です。東京での企画も今後期待したいものですね。

【日にち】7月20日(土)~8月5日(月)11:00~ ※7月26日8月3日は貸し切り
【演目】「日高川入相花王」解説「文楽ってなあに?」「かみなり太鼓」
【予約開始】インターネット6月2日(日)10:00~
電話 6月3日(月)10:00~
【場所】大阪 国立文楽劇場
【料金】親3900円 子1500円


▲昨年の公演から(人形と記念撮影:国立文楽劇場)

【予約方法】

インターネットでチケットを予約する際には、国立劇場インターネットユーザー(NTJメンバー)への登録が必要です(会費無料)。すでに予約が開始されているプログラムもありますが、できればチケット予約開始日前に登録をしておきましょう。当日慌てずにすみます。

問い合わせ:国立劇場チケットセンター10:00~18:00
電話:0570(07)9900【ナビダイヤル】一部IP電話等03(3230)3000

夏休み親子企画の詳細はこちらまで!
https://ticket.ntj.jac.go.jp/oyako2019/index.html