Cocoful ココフル

  • 友だち追加

ライフ

4月10日 新型コロナウイルス関連情報

2020.04.11

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。東京他各都市では緊急事態宣言が発令され、緊迫の度を増しています。ココフル♪では、状況が刻一刻と変わる中、今まではコロナウイルスに関する情報は出しておりませんでしたが、妊婦さんや小さな子を持つ読者の方も多いことを鑑み、皆さんの不安を抑え、安心した生活を過ごせるような正しい情報を出していきたいと思います。

◆現在妊娠中の皆さんへ

父親学級や母親学級なども休止になっています。特に初産で、助産師やほかの妊婦さんからも知識を得る機会が減ったまま、不安を抱えている方も多いと思います。産婦人科によっては、面会制限や立ち合い分娩の中止などの措置もとられています。自治体によって対応も違うようです。

特に感染による流産や死産のリスクが高いという報告はありません(日本産婦人科感染症学会)。けれども移動による感染のリスクはありますし、自身が感染していればほかの方にうつすリスクもあります。

緊急事態宣言を受け、急な里帰り出産をしようとしている方は、里帰りはせず、かかりつけ医師との連絡を密にとって、どうぞ無事に出産の日を迎えられますように。

ネット上でもたくさんの情報が流れ、不安が高まりますね。信頼のおけるホームページを確認し、予防に努めましょう。

厚生労働省

妊婦の方々に向けた新型コロナウィルス感染症対策とりまとめ
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10653.html?fbclid=IwAR0iAvqNKF1kb5I0mDWfaVHdcCEwkXeXDGYoIdGH9Pcw6NjgsVUWavHg2gY

日本産婦人科学会
https://www.jaog.or.jp/news/covid-19/

新しい情報を随時更新しています。

日本産婦人科感染症学会
http://jsidog.kenkyuukai.jp/information/index.asp?

じょさんしonline
https://josanshi-cafe.com/

ニューストピックスで、コロナ最新情報を発信しています。また、4月19日まで、妊娠中の方とそのパートナー、未就学児を子育て中の方を対象にオンラインで、無料にて両親学級と児童館を開催するイベントを行っています。

妊婦さんのできることは、ありきたりですが、外出後、食事前などしっかり手洗いをし、人込みを避けて、自身を守ることです。

覚えておきたいことは、妊婦の場合は、PCR検査を受けられる条件が一般の方と異なること。

「37.5度以上の発熱や倦怠感が2日以上続く場合(一般の人は4日以上)」と一般の人より緩和されています。体調がわるくなったら、いきなり病院に行くのは控え、かかりつけ医に相談しましょう。家族の感染や妊婦と感染者との濃厚感染があったら都道府県の「帰国者・接触者相談センター」に連絡しましょう。

◆働いている妊婦さんへ

厚生労働省は、令和2年4月1日働く妊婦への配慮を経済団体などに要請しています(非正規雇用労働者を含む)

https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000618009.pdf

なるべくテレワークや時差出身などを心がけることはもちろんのこと、もし、妊婦に無理解の職場であっても今一度、職場に相談をしてみてください。

◆乳幼児を持つ皆さんへ

多くの自治体が乳幼児健診を休止しています。しかし、相談体制を強化し、子どもの健康状態を把握する自治体もあるようです。

●荒川区
保健師、栄養士などによる電話相談あり。03-3802-3111 内432 434
平日 8時半~17時15分

●八王子市
感染予防策の徹底を求めたうえで検診継続

●西東京市
集団で行う3歳児検診は休止。親子が個別に訪れる1歳6カ月検診は実施

このように、自治体によって対応は異なっていますので、ご自身の居住する各自治体のHPなどで最新状況の確認をしてください。

無事に収束の日を迎えられる日が来て、皆さんの笑顔にまた出会えますように。

(ココフル編集部)

参考:厚生労働省、日本産婦人科学会、日本産婦人科感染症学会、じょさんしonline各HP
東京新聞、NHK

この記事が気になったら
シェアしよう