Cocoful ココフル

カルチャー

家籠りを楽しく♪手作り指輪で家族の絆と人とのつながりを

2020.04.13

外出自粛要請による家籠りの日々、いかがお過ごしでしょうか。
不安な時だからこそおすすめしたい、家での時間が充実し、あたたかい気持ちになれる、手作り指輪キット『名もなき指輪』を紹介します。

◆『名もなき指輪』は自分で仕立てる手作り指輪キット

『名もなき指輪』は、楕円にゆがんだリングを芯棒に通し、木槌で叩いてきれいな円に仕立て上げて作る手作りの指輪。
いつでもどこでも、自分たちだけで指輪作りができ、作った時間までもが特別な価値となる アクセサリーブランドJAM HOME MADE を代表する指輪のひとつです。

子どもと作ったら楽しそう! ということで、わが家の小2の息子と年中の娘と一緒に体験してみました。

◆手作り指輪キットが届いた反応は

家の形の箱が届くと「わあ~!」と目を輝かせる子どもたち。

その箱の可愛さに思わず娘は、「この箱、ワンちゃん(ぬいぐるみ)のお家にしていいの?!」と早速脱線…。「まずは指輪を作ろうね」となだめて開封しました。

箱を開けると芯棒、鍵、南京錠に通された指輪(5~19号)、サイズ測定用のリングゲージ、木槌が。
「トンカチだ~!」「鍵があるよ~!」と大喜びの二人。必要なものはすべて入っているのですぐに始められます。

◆家族の指輪を作ってみた

まずはサイズ測定。
「これかな?これかな?」と次々リングゲージをはめていく息子。そして案の定、「ママ~抜けなくなった~!」と…。私がねじりながら抜くと「いてて~!」と大騒ぎ。その度、大笑いしながら測定してサイズ決定。

1番小さな5号でも娘には大きめだったので、一番太い右手の中指用のサイズに家族全員統一することに。
娘には自分と私の指輪を。息子には自分とパパの指輪を作ってもらうことにしました。
木の芯棒に指輪を通し、木槌でトントンと叩いていくと、少しずつキレイな丸になっていきます。娘が作ったものは仕上げに私が調整。息子は職人のような目つきで芯棒と指輪に隙間がないか確認。大きな指輪は隙間が大きく難易度が高かったようですが、一生懸命仕上げていました。

そして家族全員の指輪が完成!パパとママの結婚指輪に憧れていた子どもたちは「これでみんなお揃いだね!」とニッコリでした。

家族4人分の指輪を作ったあと、まだ4つの指輪素材が残っていました。「全部作っていい?」と息子は毎日少しずつトントン…すべての指輪をきれいに仕上げました。

◆残った素材で作った指輪を、会いたい人に贈ろう

『名もなき指輪』を楽しんで過ごしている中、家族のとってショックなできごとが。
新型コロナウィルス感染予防のため、実家に帰省しておばあちゃんの誕生日会をする計画を自粛することに決めたのです。

「おばあちゃん達に会いたかったのに!」
「おばあちゃん寂しがるよ…」

楽しみにしていた子どもたちはがっかり。
そこで私が思いついたのが「2人が作った指輪をおばあちゃんに送ってみない?」ということでした。
すると2人は「そうしよう!もっともっとキレイな丸にする!」「お揃いの指輪をつけたら寂しくないね」と大賛成。

残った指輪の中からだいたいこれくらいかな…というサイズを選んで、思いを込めて木槌を打ち直し、手紙と共に封筒に入れて送ることにしました。
サイズ合わせをしていないのでぴったりではないかもしれません。それでもニッコリ笑って指輪を身に着けてくれるおばあちゃんの姿が目に浮かび、子どもたちも私もうれしい気持ちになりました。

◆『名もなき指輪』で家族の絆と人とのつながりを

自分で作った指輪を、子どもたちは肌身離さず大切にしています。また「パパ、ママ、ちゃんとつけてる?」と親がはずしていると指摘することも(笑)

使い終わった木槌と芯棒は組み合わせて、写真立てに利用することも。この写真立てを見る度に指輪を作った時の思い出が蘇りそうです。

ちなみに…娘はワンちゃん(ぬいぐるみ)のお家をつくって、配送時の箱まで楽しく利用しています(笑)

商品は、オンラインでの販売をメインですが、店舗内、店舗外に設置している「24時間結婚指輪が購入できる自動販売機」でも販売しているそう。今は外出不要なオンラインでの購入がベストですが、いつか珍しい指輪の自動販売機も利用してみたいです。

恋人同士にはもちろん、家族にもおすすめの『名もなき指輪』。この機会に体験してみてはいかがでしょうか。

「名もなき指輪」
キット 製品概要
<NAMELESS RING KIT BRASS>
サイズ:5 〜 19 号 (奇数のみ)の 8 サイズ セット
付属品:ハンマー、芯棒、指のサイズが測れるリングゲージ