Cocoful ココフル

ライフ

【子育て】春休みの間にやっておいた方がいいこと~入園編

2016.03.28

この春、お子さんが入園や入学を迎えるママも多いのではないでしょうか。
子どもの成長はとってもうれしいけれど、新しい環境にちょっぴりドキドキかもしれませんね。
この春入園・入学を迎えるお子さん&ママに、
春休みの間にやっておいた方がよさそうなことを、お伝えしたいと思います。

t02200330_0321048113254917993

■早寝早起きの習慣をつける

これまで予定のない日はのんびり親子で過ごせていた毎日と違って、
幼稚園に行くようになると、毎朝決まった時間に家を出なければいけません。

日によって子どもの機嫌もいろいろだし、朝ごはんを食べて、トイレに行かせて、身支度して(ママも!)…となると、
なかなか予定通りにスムーズにいかないもの。
できるだけ、入園前の今の時期から、早寝早起きを習慣づけておけるとよいですね。

「●時だから、急いで」という理屈は通りません。どうして毎日幼稚園にいかなければいけないかも子どもにはわかりません。だとしたら、「急げ!」と言わなくてもいいようにゆとりをもつしかありませんね。それにはまず
早く寝かせることから!昼間たっぷり遊んで、早く寝かせるところからスタートしましょう!

■食事の練習をする

特にお弁当の園の場合は、子どもは慣れないお弁当箱で一人で食事をしなければいけません。
お弁当箱を袋や包みから出して、ふたをあけて、カトラリーをケースから出して…と、
まだ小さい子どもにとっては、食べるまででも一苦労。

家でのランチをお弁当箱に詰めてみたりして、入園前に練習をしておくのがおすすめです。
お弁当を持って、親子で公園にピクニックに行くのも楽しそうですね。

園によってはカトラリーケースを禁止しているところもあります。
出しやすくしまいやすいケースを選んでおきましょう。

■靴の脱ぎ履きの練習をする

入園前に着替えの練習をする人も多いかもしれませんが、実は着替えよりも多いのが、靴の脱ぎ履き。
登園したらまず上履きに、園庭で遊ぶ時、帰る時…などなど。

靴の脱ぎ履きは一人でできるように、入園前に練習をしておくのがおすすめです。
それと同時に、園で指定がない場合は、脱ぎ履きしやすい靴を用意してあげてくださいね。

まだ靴の左右を間違えやすい年少さんには、中敷きに合わせ絵などを描いてあげるといいですよ。
(市販の中敷きにもそういったものがあります)

■自分のマークを決めておく

幼稚園では、みんなが同じ指定の文房具などを持つこともあります。
持ちものや身につけるものには、しっかり記名が基本。
でも、まだ小さいと、自分のお名前が読めませんよね。
そんなときには、子ども専用のマークを決めて、お名前に添えてあげてみては。

たとえばリンゴとか、サクランボ、星など。

お名前代わりのマークで、子どももちゃんと「自分のだ」って分かるようになりますよ。

4月から始まる楽しい幼稚園生活。
子ども達はきっと、入園してからいろんな成長を見せてくれるはず。

そうそう。ママが焦って「どうしてできないの!?」「もう一度!」「そんなことじゃ幼稚園にいけないわよ!」なんて言ってしまっては逆効果。絶対にNGですよ。
「あ~。早く行きたくてたまらない」と子どもが思えるように、楽しく入園準備を進めてくださいね。

index
(加藤 朋実)