Cocoful ココフル

  • 友だち追加

NEWS

東京・南町田に「お米のおもちゃ」特設売り場が期間限定オープン!

2020.10.12

赤ちゃんのファースト・トイとして人気の「お米のおもちゃ」、ご存じですか?
その名のとおり国産のお米で作られているから、何でも口に入れて舐めてしまう時期の赤ちゃんにも安心というのが、人気の理由。出産祝いやはじめての誕生日プレゼントにぴったりと、発売から10年で累計80万人に選ばれているそうです。

この「お米のおもちゃ」のサンプルを見て、さわって、お米のにおいまで体験できる特設売り場ステージが、11月10日までの期間限定で南町田グランベリーパーク キッズディスカバリー1階「博品館 TOYS CONCEPT」に登場!(※開催期間は変更となる場合があります。)

特設売り場では、2つのキャンペーン実施中!

・SNSキャンぺーン

期間中の土曜日には、「お米のおもちゃ」のインスタグラムをフォローまたは簡単なアンケートに答えるだけで「お米のおもちゃ」と同じ南魚沼産のあまさけをプレゼント。お酒で有名な八海山さんが製造しているおいしいあまさけです!
※期間中毎週土曜日の13:00〜16:00の間のみ、20本限定で、なくなり次第終了。
※プレゼントの獲得条件は変更になる場合があります。条件の詳細については特設売り場ステージのスタッフにお尋ねください。

・離乳食準備応援キャンペーン

お米のいいにおいがする「お米のおもちゃ」にちなんで、期間中「お米のおもちゃ」シリーズ商品を税抜3,000円以上ご購入いただいた方、先着50名様に「新潟県産コシヒカリの離乳食おかゆ」をプレゼント!

「お米のおもちゃ」ってどんなだろう?って気になる方はぜひ、この機会に特設売り場まで足を運んでみてはいかがでしょう。

環境問題の解決にもつながっている「お米のおもちゃ」

「お米のおもちゃ」は契約農家で作られた国産米を使って、製造も日本国内で行っている「純国産」のおもちゃ。
原料となっているのはお米由来のプラスチック「ライスレジン」です。
その「ライスレジン」を作るのに用いられているのは、精米時に発生する砕米や、米菓などの製造過程で排出される米粉など、食用にはならず廃棄されるはずだったお米なのだそう。

赤ちゃんの安心・安全をかなえるだけでなく、フードロスや海洋プラスチックの問題を解決することにもつながる「お米のおもちゃ」。
これからを生きる赤ちゃんと地球の未来のために、今、世界全体の課題となっているSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)を意識したおもちゃを選んであげるって、ステキなことですね。

 

基本情報

名称 お米のおもちゃ
内容・特徴

お問い合わせ

ピープル株式会社
お客様相談係TEL.03(3862)3739

月~金曜日(祝日を除く)10:00~12:00・13:00~16:00
HP:https://www.people-kk.co.jp/toys/

この記事が気になったら
シェアしよう