Cocoful ココフル

おでかけ

サンリオピューロランド 多摩市

2018.12.18

子どもだけでなく、自分も大好き♪ってママも多いのでは!? 今回は東京都多摩市にある「サンリオピューロランド」へ遊びに行ってきました♪ とってもかわいくて楽しかったので、早速ご紹介しましょう!

◆    駅構内からワクワクがはじまる♪

都心からは少し遠いかなと思っていたサンリオピューロランドですが、実は新宿から約30分の京王線・小田急線・多摩モノレール「多摩センター」駅が最寄り駅。

この日は京王線の多摩センター駅を利用。駅に到着すると、自動販売機や自動改札など至る所にサンリオキャラクターが!


▲    京王線の電子案内板にもひょっこり

◆    お城を目指して出発♪

駅からはショッピングモールを抜けて進みます。途中に銀行やコンビニ、ドラッグストアなどあるのでご安心を。大きなお城が現れると、子どもたちも大喜び。


▲    ワクワクする外観♪

チケット売り場もファンタジックで乙女心がよみがえってきます。素敵な衣裳のお姉さんにチケットを渡して、入館です!

エントランスは3Fにあたります。左手奥にはベビーカー置き場があるので、ここに預けて館内を巡ってもいいし、各アトラクションのそばにもベビーカー置き場がありました。

ただ、平日はすべてのフロアでベビーカー利用ができますが(除外日あり)、土日祝などは1階、2階のアトラクションフロアでは利用できないのでご注意を。

◆    パレードやミュージカルショーの時間をチェック♪

入館したら、まずはパレードやミュージカルショーの時間をチェックしましょう!登場するのはキャラクターだけでなく、本格的なショーを観ることができるので、必見です。屋内にある利点をいかしたきらびやかな「Miracle Gift Parade」は、そのストーリーにも心が洗われる時間でした。

子どもの集中が途切れないような演出が多く、2歳児でも楽しめたようです。。
また、できれば天井まで見上げられる位置をキープできたらより楽しめると思いました!

◆    動くアトラクションは2つ♪

サンリオピューロランドの中で乗り物のアトラクションは「ボート」と「車」の2つ。


▲    サンリオキャラクターボートライド

少し急な傾斜の場所がありましたが、それもまた楽しめ、小さな子どもでも安心でした。


▲    ~マイメロディ&クロミ~ マイメロードドライブ

どちらもほんわかした、かわいい世界に浸ることができて、サンリオで育ったママとしてはキュンキュンしっぱなしでした。

サンリオピューロランドのうれしいところは、身長制限がないことです。まだ90センチ足らずの息子も気兼ねなく遊べましたよ♪

◆    レディキティにお花を手渡し

レディキティのお屋敷「レディキティハウス」にお邪魔すると、素敵なお部屋で思い思いに過ごせます。

レディキティはお茶もたしなむようで和室もあり、ここは外国の来客にも人気でしたよ。


▲    エレガントなレディキティ♪

そして最後のお部屋にはレディキティがいて一緒に写真を撮れるのですが、さらに500円でバラの花を買うと、レディキティに手渡しができて、お礼に素敵なプレゼントをもらえちゃうという計らいが!

我が家もレディキティと手をつないでもらい、お花を渡せてとっても嬉しそうでした、ハグをしてもらっている子もいましたよ。

◆    キキ&ララの世界観がかわいい!

個人的にすごく好きだったのは、キキ&ララの生まれ故郷「ゆめ星雲」の世界が体験できる「~キキ&ララ~トゥインクリングツアー」。ところどころちょっとした仕掛けがあって、小さな子どもは夢中で遊んでいました。

ここも撮影ポイントがたくさんあるのですが、キキ&ララたちのキッチンやお風呂、ベッドなど、2歳児にはピッタリサイズで、とってもかわいい写真がたくさん撮れました!


▲    キッチンのサイズ感がぴったり~

◆    ゲームがいっぱい!

サンリオピューロランドには、サンリオキャラクターのUFOキャッチャーやコインで動く電車やバス、バイクなど、小学生の男児も楽しめるようなゲーム機が多いのが印象的でした。


▲    電車だってキュートなパステルカラー

そして自動販売機もサンリオキャラクターのイラストが描かれたかわいいものばかり。他にも、シールを作成したり、メルヘンチックなゲームセンターに足を踏み入れたイメージです。

◆    フード&スイーツもかわいさ炸裂!

食事のできる場所は3か所。ショーを観ながら食事ができるビュッフェスタイルのレストランと、フードコートスタイルのカフェテリアとレストラン。

▲    食べるのがもったいない!

サンリオキャラクターのかわいい食事メニューもあり、SNSをやっているママたちには特におすすめの場所でした。

1Fインフォメーションの隣にはベビーセンターがあります。授乳や赤ちゃんの食事、おむつ交換に利用でき、ミルク用のお湯を用意してあります。


▲    やさしい雰囲気にほっこり

授乳室や多目的トイレもあるのでパパがおむつ替えをすることも困りませんし、印象的だったのは、全体的にトイレに行きやすいレイアウトだったので急なトイレ宣言にも慌てずに済みました。

◆    ここだけのサンリオグッズもたくさんありました

所狭しとたくさんのサンリオグッズが売っているのですが、我が家はハローキティがりんごの車に乗っているトミカがとってもかわいくって購入しました。ママが欲しくなっちゃったこともありますが、これには男児も大喜びでした。

そして、16時から販売するというハローキティの風船もとってもかわいいので、連れて帰ってはいかがでしょうか?

寒くても雨が降っても屋内型施設なので、季節や気候関係なく楽しめる素敵な場所でした。ママも童心に帰れる素敵な場所、サンリオピューロランドへぜひ遊びに行ってください♪

サンリオピューロランド
■住所:東京都多摩市落合1-31
■電話: 042-339-1111
(サンリオピューロランドゲストセンター 9:30~17:00 休館日を除きます)
■料金:平日当日窓口購入 大人3,300円 小人2,500円
休日当日窓口購入 大人3,800円 小人2,700円
(大人:18歳以上 / 小人:3~17歳・高校生 ※2歳以下のお子様は無料)
*休館日・営業時間は日によって異なるので公式ホームページを確認してください。
©2018 SANRIO CO., LTD.