Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

スタイリッシュな空間で高尾山を学べる「TAKAO 599 MUSEUM」 八王子市

2021.08.24

(Photo / Taiji Yamazaki)

子どもと高尾山に遊びに行った時に立ち寄った「TAKAO 599 MUSEUM」は、とってもスタイリッシュなミュージアム!子連れに優しくて、高尾山に行くなら絶対に行ってほしいおすすめの施設だったので、ご紹介します♪

高尾山に登る前のたしなみが学べる

高尾山は東京都八王子市にあり、1967年に明治の森高尾国定公園に指定された日本一小さい国定公園です。標高も599mとそこまで高くないので、登山初心者や子どもも登りやすく人気の山。ですが、ケーブルカーやリフトでも見晴らしの良い場所まで行けます。

そんな高尾山でしっかり登山がしたい人、ゆっくり自然を満喫したい人、どちらにもおすすめなのが、高尾山を登る前の予習ができる「TAKAO 599 MUSEUM」です。

ムササビ「むっさん」がレクチャー

TAKAO 599 MUSEUMは無料の施設で、京王線の高尾山口駅から徒歩4分、高尾山ICより車で約2分の場所にあります。専用の駐車場がないので、近隣の駐車場を利用しますが、高尾山に行く人の利用が多く休日は満車になることが多いのでご注意を。また駐車料金もお高めですので、公共の交通機関が便利です。

登山前には「599GUIDE」でマナーを知ろう

壁面の3面モニターに映し出される(画像提供:TAKAO 599 MUSEUM)

TAKAO599MUSEUMのみどころのひとつに、情報ガイドがあります。3つのテーマに沿って、登る前の予習ができるのですが、登山初心者は知っておきたいルールをモニターで見ることができます。

高尾山マナー講座

高尾山に生息するかわいい動物たちが、10のマナーをレクチャーしてくれます。子どもにもわかりやすくて、楽しく知ることができます。

高尾山の歩き方

山頂までのルートを距離と所要時間と難易度で知ることができます。滝を見られるコースやつり橋があるコースなど、子どもの年齢や経験にあわせて選ぶことができます。

発見!高尾山の秘密

高尾山の知られざる魅力や歴史を数字で楽しく学べます。せっかく登るなら、その山のことを知ってから登ると気持ちも変わりますよね。

スタイリッシュな見せ方に感動「展示室」と「映像展示」

高尾山の自然の象徴「ブナ」を囲む (Photo / Taiji Yamazaki)

TAKAO 599 MUSEUMはとにかくシンプルでいてデザイン性がすごい。その展示方法が近代的で、大人も子どももセンスが磨かれます。

「NATURE WALL(映像展示)」

壁面に高尾山に棲む動物たちのはく製が展示されているのですが、そこにプロジェクションマッピングの手法を使って映像を投影。四季折々の生態を体感することができます!近くまで寄ってみることができるので、子どもたちも楽しそうでした。

「NATURE COLLECTION(展示室)」

高尾山に咲く美しい草花や昆虫が展示台で観賞できます。昆虫ならば羽を大きく広げた姿など、展示の美しさが芸術作品のようです。小さな子どもが台に乗って覗き込める工夫がされていて、子どもたちも夢中になっていました。

台があるので子どもも見やすい高さ

そうそう!高尾山にはムササビが生息しているのですが、ムササビってなかなか動物園でも出会えませんよね。子どももムササビのはく製を見て、空を飛べる動物がいるんだと興味を持っていました。

 

子連れにおすすめの理由

GARDENは広々していて安心して遊べる (Photo / Taiji Yamazaki)

TAKAO 599 MUSEUMは滞在時間も30分以内とするなど、感染症対策もしっかりとされていたのが印象的でした。また、授乳室・おむつ替え室があります。登山の前やあとでベビーがいても安心して過ごせます。

我が家のお気に入りは入口そばに展示されている珍しい生きものたち。「アカハライモリ」や「ニホンマイマイ」「ニホントカゲ」がいて子どもは楽しそうに観察していました。こちらは季節限定の展示だそうなので、出会えたらラッキー!

また受付カウンターには「季節ごとに探せる!高尾山の昆虫430種!」という図鑑があり、購入することができました。我が家はこれをもって高尾山へ向かいましたよ。

館内にはキッズスペースもありました。ベビーちゃんがミニサイズの高尾山に登頂できます!(土足厳禁・現在は休止中)

また外には「599GARDEN」というくつろぎの芝生広場があり、芝生に座って楽しそうに過ごすファミリーもみかけましたよ。高尾山を見上げて楽しい時間が過ごせますね。

カフェやショップも楽しんで!

自然素材を使ったオリジナルグッズも人気

TAKAO 599 MUSEUMにはカフェがあるので、ちょっとした休憩も可能です。またミュージアムショップ「599SHOP」には、「多摩産材」と呼ばれる東京・多摩地域で生育し、生産された木材を利用したオリジナルグッズを販売されていました。そのロゴやデザインも素敵なのですが、「木のおりがみ」といった珍しいグッズもありました。

また季節のイベントや企画展もあります。ミュージアムすぐそばの浅い案内川に入って魚や水棲昆虫の観察会は小学生から保護者と一緒に参加でき、なにより楽しそう。最新情報は公式ホームページをチェックしてください。

高尾山のことを知るなら絶対行きたい!

情報満載のおしゃれなMAP

いかがでしたか?ゆったりとした空間に情報がコンパクトにまとまっていて、ちょっと立ち寄るだけでも物知りになれる気がしました。高尾山や周辺に関する資料もあるので、情報収集にも最適!登山をしなくても高尾山の参道と併せて遊びに行っても楽しいですよ。ぜひ遊びに行ってみてください。

近くには温泉もあります♪

京王高尾山温泉 / 極楽湯 と TAKAO599MUSEUM

(取材・文/アネモネ)

基本情報

名称 TAKAO 599 MUSEUM
WEB http://www.takao599museum.jp/
住所 東京都八王子市高尾町2435-3 地図を見る
アクセス 電車:京王線高尾山口駅から徒歩4分
車:高尾山ICより車で約2分
料金・参加費 無料
お問合せ

電話:042-665-6688

関連情報

開館時間:8:00~17:00(4月~11月(最終入館16:30)
8:00~16:00(12月~3月)(最終入館15:30)
イベントの開催などにより、変更あり
休館日 年中無休、メンテナンスなどで臨時休館あり

駐車場情報・駐車料金 専用の駐車場はないため、近隣の駐車場を利用。ただし、高尾山に行く人の利用が多く休日は満車になることが多いので要注意。駐車料金も高め。
この記事が気になったら
シェアしよう