Cocoful ココフル

フード

旬な【さつまいも】をもっと美味しく!八百屋が教えるさつまいもの豆知識(選び方・保存方法・レシピ)

2018.12.06

こんにちは!旬八青果店バイヤーの松根です。

秋が深まり、あたたかいスープやおでんがおいしい季節になってきましたね。昔は焼き芋屋さんの車が走り始めると冬が来るな~と感じていましたが、今はスーパーで焼き芋の香りがすると冬の訪れを感じています。

今回はそんな秋冬においしい「さつまいも」についてご紹介させていただきます!

◆あなたはホクホク派?ねっとり派?

さつまいもにも様々な品種があり、大まかに食感がホクホク系のものとねっとり系のものに分かれます。よくスーパーなどでも販売されている「紅あずま」は、ちょうどホクホクとねっとりの間で、どんなお料理にも使いやすい万能選手です。

ホクホク系には金時芋やシルクスイート、ねっとり系では安納芋、紅はるかなどがあります。

特に出始めの安納芋は糖度が40度を超えることもあり、甘くて人気の品種です。

▲左からなると金時、シルクスイート、紅あずま

▲安納芋

 

その他にも芋焼酎や干し芋といった加工に適した品種もあります。

さつまいもは、中国の唐から伝わったので、九州では、唐からき来た芋という意味で「唐芋」と呼ばれている所もあります。国内では、鹿児島の薩摩から伝わったという意味で「さつまいも」と呼ばれるようになりました。

◆さつまいもは寒いところが苦手

▲左からシルクスイート、紅あずま

さつまいもは収穫後、1~2か月かけて、水分がぬけて活発だったデンプンがだんだん糖に変化して甘さが増してきたころ(糖化といいます)出荷されます。

遠足で芋掘りに行くお子さんも多いのではないでしょうか。つい掘りたてをすぐに食べたくなってしまいますが、1週間くらい常温で乾燥させてから調理すると、よりおいしく食べられます。

スーパーで買ったものも実は常温の保存がおすすめ。

夏生まれで南のほうからきた野菜なので、寒さに弱いのです。新聞紙に包んで、乾燥しすぎない状態を保ちましょう。冷蔵庫で保存する場合は温度が高めの野菜室がベスト。

8~9月は熟成された前年に収穫されたさつまいもから今年収穫されたさつまいもに入れ替わる時期で、ホクホク系のさつまいもから食べごろを向かえて行きます。11月は関東で出回るさつまいもにも味が乗ってきて、旬八青果店で毎年人気の種子島の安納芋は、11月後半~12月がおすすめです。

◆じっくり火を入れて甘みを引き出す

さつまいもはゆっくりと火を入れたほうが、デンプンの糖化がしっかり進むため、より甘みが増しておいしく食べられます。

ちなみに、旬八青果店では「蒸し芋」を販売しているお店もあります♪じっくりふかした熱々のさつまいもはシンプルながらもとっても美味。

旬八青果店で販売しているように、蒸し器を使ってじっくり時間をかけて火を通したり、ローストするのがおすすめです!

蒸し器がない方も多くいらっしゃると思いますが、代わりに炊飯器も蒸し器のように使えます。

水を少しはって、さつまいもをいれて炊飯ボタンを押し、炊飯が終わる少し前に止めるとゆっくり火を通すことができます。

電子レンジで手軽に食べたい方は温め機能で一気に過熱するのではなく、さつまいもを濡れたキッチンペーパーで包んだ後に、サランラップで包み、「下ごしらえ機能」などワット数の低いものでじっくり加熱しましょう。

ワット数が高いと水分が飛びやすく、デンプンの糖化が進まないまま火が入ってしまうのでパサパサになってしまいます。試しにワット数を変えて過熱して食べ比べてみると違いがわかっておもしろいですよ!

バーベキューやグリルで火を通すときも、濡れたキッチンペーパーに包んでアルミホイルに包むと、アルミの熱伝導率がいいので全体に火が通りやすく、おいしく仕上がります。

また、天ぷらにする時はホクホク系のさつまいもがおすすめ。

一気に火が通るためどんな品種でもホクホクの仕上がりに。ねっとり系のさつまいもを使う場合は、事前に下ごしらえとして火を入れてから天ぷらにするとねっとり系の良さが活かせます。

◆アレンジ次第で無限に広がる「さつまいもサラダ」

最後に私のおすすめの食べ方をご紹介します!

ポテトサラダのじゃがいもの代わりに紅あずまを使います。オニオンスライスを入れればサラダとして、レーズンを入れるとデザートやおやつにも、チーズをいれておつまみとして、一緒に入れる具材次第で様々なシーンで食べられる万能レシピです。


▲さつまいもサラダ

ポテトサラダのじゃがいもの代わりに紅あずまを使った「さつまいもサラダ」

また、金時芋やシルクスイートは筋が少ないので、ペーストにしたときに裏ごしの必要がなく、スイートポテトなどのお菓子作りに向いています。

お好みの品種を見つけて、今年の秋冬はさつまいものお気に入りの食べ方を見つけてみてくださいね!

※本記事で紹介した青果は仕入状況や店舗により取り扱いがない場合もございます。

■今回の執筆者
松根 拓乃(株式会社アグリゲート 仕入・卸事業部 バイヤー)

鯉淵学園農業栄養専門学校卒。鯉淵学園では、農作物の知識、栽培方法等、農業、農産物について学ぶ。現在は株式会社アグリゲート 仕入・卸事業部で青果知識・商品知識に長けた生産者と消費者を繋ぐバイヤーとして日々仕入れを行う。以前は、販売事業部にてデリカ・飲食グループのメニュー開発も担当。

旬八青果店

「新鮮・おいしい・適正価格」旬にこだわる八百屋です。旬八青果店では、新鮮でおいしいお値打ち価格の青果を目利きし、販売しています。農家の方々が一生懸命育てたおいしい青果を、おいしい状態で都市の食卓にお届けしたい。全国各地を飛び回り、市場にも足を運び、目利きして仕入れています。 モノがあふれるこの時代だからこそ「旬の食材はなんなのか」「どんな人がどんな想いで作っているのか」「おすすめの食べ方はなんなのか」そんな会話で食をもっと豊かにしたい。旬八青果店は、そんな想いから生まれた八百屋です。 http://shunpachi.jp/

記事提供:家men 

「家men」は、毎日の家事の楽しみ方から、夫婦や家族のコミュニケーションまで
ロジカル、科学的な切り口など男性視点で情報を発信するWEBメディアです。

オトコたちの家事を楽しく。毎日を楽しく。

Yeah men!「家men