Cocoful ココフル

フード

朝食の摂り方で人生が変わる!スープ朝食で健康な毎日を

2019.12.21

2019年12月18日、日本スープ協会主催の「朝食の摂り方で人生が変わる!スープ朝食で健康な毎日を」というイベントに行ってきました。

主催者である日本スープ協会の挨拶のあと登壇したのは、古谷彰子先生。

「時間栄養学でわかる朝食とカラダの関係~摂るべき栄養、食べ方の工夫~」と題した講演では、現代社会における健康問題、そして時間栄養学についてのお話でした。

◆過食、エネルギー過多、運動不足の行先は…?

現代社会における健康問題とはなんでしょうか。

現代は、過食やエネルギー過多、深夜の食事や睡眠不足、運動不足といった生活になりがちです。日ごろの生活習慣の崩れから、健康は徐々にむしばまれていきます。夜更かしは肥満になる可能性が高く、運動不足は寿命を縮める要因となっていきます。

ではどうしたらよいのでしょうか。古谷先生によれば、生活習慣改善のカギは体内時計だということです。

1日は24時間ですが、体内時計は体の各場所にあり、それぞれリセットされる時間が、肝臓は23時間、脳内の主時計は、24.5時間など、少しずつ異なるそうです。その体内時計を、新しい一日を始めるためにリセットしてくれるのが、光と食事。脳内の体内時計は24.5時間のため、なんとなく生活していると、徐々に夜更かしになってしまいます。

朝日を浴びなかったり、乱れた食生活をしていると、体内時計の乱れがリセットされず、肥満、アレルギー、生活習慣の乱れからの身体の不調につながっていきます。

不調になってから薬を飲むよりも、乱れがちな生活習慣を整えたほうがずっと効率が良いということが様々なデータにより示されました。朝は、きちんとバランスのあるものを食べ、朝日を浴びて活動を開始することが、とても大切なことがわかりました。

とはいえ、夜泣きや授乳などで不規則な生活を強いられがちな乳児のいる家庭や、もともと朝が苦手な人や、朝、時間が取れない人はどうすればよいのでしょうか。

◆市販のスープを使って、簡単でおいしくて、栄養バランスのいい朝食を摂ろう!

そこで、後半は、古谷先生が、市販のスープの素を使った簡単でおいしく、栄養のバランスもとれるメニューを紹介、実際に作って、参加者全員で試食を楽しみました。

市販のスープの素は、現在たくさんの種類がでています。これらを使い、炭水化物やたんぱく質食材を加えて、さっと食べられるメニューを3種、ココフル読者の皆さんにもご紹介します。もちろん夕食でもよいのですが、特に朝は単調なメニューや1品になりがちなので、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてください。

●夜でもOK 野菜たっぷりあったかスープ

野菜は、身近なものなんでもOK。生姜風味で野菜のおいしさを引き立ててくれるので、飽きの来ない味ですよ。

【材料】

■水 450ml
■もやし 100g(2分の1袋)
■ニンジン 40g
■青梗菜 30g
■レンコン 40g

めんどうなら野菜ミックスでのレシピでも可。

■キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう!白湯スープの素(生姜風味)1袋
■春雨 10g
■冷凍水餃子 4個

※肉団子やロールキャベツに変更しても美味しい

■醤油 小さじ1
■黒コショウ

【作り方】
1ニンジン、レンコンは薄切り、エノキと青梗菜は食べやすい大きさに切る
2鍋に水を入れ、ニンジン、レンコンを先に入れて中火で5分ほどアクをとりながら煮る。
3スープの素を入れ、春雨、水餃子を入れて弱火で5分程度似る
4春雨がしんなりしたら醤油とコショウで味を調える

【使用商品】


キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう!白湯スープの素(生姜風味)1袋 (向かって右奥)

●あおさスープでカニご飯風

夜セットしておき、朝カニカマを入れるだけで朝食にたんぱく質を摂ることができますね。
鳥だしと、ホタテのうまみが嬉しいスープ。あおさの風味が食欲をそそります。

 

【材料】

■米 2合
■水 2合
■理研ビタミンあおさスープ 2袋
■塩ひとつまみ
■カニカマ 6本
■三つ葉 お好みで

【作り方】
1米を研ぎ、2合にあわせて水加減する。
2スープの素と醤油、塩を入れ焚き上げる。
3カニカマを割いて入れよく混ぜる。
4器によそい、三つ葉をお好みで乗せる。

 

【使用商品】

理研ビタミンあおさスープ(向かって右)

●ベジレシピのフラン

洋風茶わん蒸しです。ニンジンとかぼちゃの甘味が絶妙にマッチ。プチトマトがアクセントになっておいしい味でした。他のスープでも試せそうです。日焼け防止には先にビタミンを摂っておくことが有効だとか。加熱することでトマトのリコピンの吸収も良くなります。

【材料】

■卵1個
■牛乳150ml
■クノール(R)カップスープベジレシピ(R)大地が香るキャロット&パンプキン 1袋
■ベーコン 1枚
■ピザ用チーズ大1
■プチトマト2個
■パセリ お好みで

【作り方】
1卵をボウルにとき、こしておく(しなくても可)
2温めた牛乳にスープの素を溶いておく
31と2を合わせ、ベーコン、チーズを入れてかき混ぜる。
4食べやすい大きさに切ったプチトマトを飾る。
5菜箸でかませた蒸し器に入れて強火で3分蒸したら弱火で約10分蒸す。
6お好みでパセリを添えて。

【使用商品】

クノール(R)カップスープベジレシピ(R)大地が香るキャロット&パンプキン(中央)

◆温かい朝ごはんで、1日を元気に始めよう!

和気あいあいと、試食を楽しんだ後は、質問コーナーでした。的確に回答する先生の姿が印象的でした。

Q「スープを摂ると水分過多でむくむような気がするのですが」
A「顔や体がむくむのは塩分が過多なため。具を増やし、スープの塩味をお湯で薄めて、塩分の摂りすぎに注意しましょう」

Q「甲殻アレルギーなので、カニカマは食べられません」
A「ささみやひき肉を使ってもおいしいですよ」

Q「もう一つ何かメニューを教えてください」
A「スープの素は本当に便利なので、肉野菜の炒め物の味付けに使ってみてはどうでしょう」

様々なスープを、スープとしてだけではなく、肉や野菜を取り入れながら賢く使うことで、 簡単に、おいしく、栄養も兼ねそなえることができるのですね。

さっそく明日から、温かい朝ごはんしっかり食べてみませんか。

▲ズラリと並んだ各社のスープ!たくさんあるんですね!

 

<古谷彰子先生プロフィール>

博士(理学)。栄養士。早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所重点領域研究機構招聘研究員、愛国学園短大非常勤講師。「時間」という観点から医学、栄養学、調理学の領域にアプローチすることを専門とする。科学的根拠を基にしたライフスタイルへのアドバイスや実体験を基にした食育活動や講演活動を開催している。

「朝食の摂り方で人生が変わる!スープ朝食で健康な毎日を」

■日時:2019年12月18日
■場所:明治記念館
日本スープ協会