Cocoful ココフル

おでかけ

多摩川台公園 大田区

2019.03.29

多摩川・田園調布に古墳があるって知っていますか?今回は都内でも有名な古墳がある「多摩川台公園」に遊びに行ってきました♪

◆    750メートルにわたる横長の広大な公園
多摩川台公園は、東急東横線・目黒線・多摩川線の多摩川駅から徒歩1分の場所。多摩川沿いに田園調布にまたがる丘陵地にある公園です。

とにかく見どころが多い公園で、桜の季節には屋台も出て賑わうそう。まず田園調布サイド多摩川台公園の最高地に、この地域では最古の前方後円墳「宝萊山古墳」があります。また自由広場があり、ここにはブランコなどの遊具も。


▲    虹橋で楽々移動できます

そして「虹橋」を渡ると「多摩川台古墳群」が連なるエリアに。こちらには運動広場があり、鉄棒や砂場、滑り台などの遊具もあります。


▲    運動広場は子どもたちが元気よく遊んでいます

この広場には管理事務所と「古墳展示室」がありました。


▲    古墳展示室はこちらから
そして、「亀甲山古墳」を経て、水生植物園や四季の野草園、あじさい園と続き、多摩川駅へ向かうイメージです。


入口は多数あるのですが、丘陵地の公園だけありどこからも坂や階段をのぼって公園に入ります。多摩川駅から田園調布方面に向かい、ちょうど管理事務所に近い入口が、道幅も広く子連れには行きやすいと思いました。


▲    自転車やベビーカーはここにとめることができますね

多摩川台公園の中央に位置する運動広場に出ることができ、駐輪場もあったので、ベビーカーをこちらにとめて歩いてもいいかもしれません。

◆    全国でも珍しい「古墳展示室」は必見

多摩川台公園には無料で入れる「古墳展示室」がありました。「古墳ってなあに?」という質問にもここへ連れて行けば安心です。

広くはないのですが、発掘された土器や埴輪もみることができ、大人でも勉強になることがたくさん。実際に古墳がある場所で、こうして古代に思いを馳せることができ、タイムスリップした気分に浸れます。

子どもが小学校の社会科の授業で習うときにはぜひここに連れてきてあげたい!


▲    棺の中まで

◆    都内とは思えない自然林の道

多摩川台公園で驚いたのは、意外にもベビーカーで巡れること。起伏の多い公園なのですが、歩道も整備されていて車いすやベビーカーで散歩をする人も見かけました。が、自然はそのまま残されていて、森の小道を散歩しているような気分になれるのです。

古墳群の周辺には季節外れですが松ぼっくりやどんぐりがたくさんありました。どんぐりもいろいろな種類のものが落ちていて、どんぐり大好きな息子は大興奮でしたよ。

また野鳥もたくさん見られ、鳥のさえずりが心地よく、本当に気持ちがいいのです。木陰も多いので真夏は気持ちがよさそうだな、と思いました。

◆    水生植物園や野草園、あじさい園も♪

一年を通じて、四季折々の花が楽しめるこちらのエリアは、開放的で明るい気持ちになりました。

あじさい園では6月ころには、7種類、約3000株の紫陽花が咲き誇るそうですし、水生植物園ではハナショウブやアヤメといった湿地の植物もみられるそう。

◆    見晴台からの眺めが本当によかった

多摩川サイドには、見晴台がありました。ここからは天気のいい日には富士山も望め、映画でも有名になった丸子橋、武蔵小杉の高層ビル群が多摩川の向こうに。遮るものがなく広い空間はとても開放的でした。


▲    多摩川を望む景色

電車が橋を渡る様子も見られるので、電車好きな子どもたちにも人気の場所のよう。でも遠くから見るのもいいのですが、公園内にごく至近距離で電車が見える場所もあって、本当に見どころが満載の素敵な公園でした。

◆    ピクニックやお花見、社会科見学までできるマルチな公園

公園内にはたくさんの休憩スペースがあり、お弁当を持って遊びに来ている人がたくさんでした。多摩川八景にも選ばれた多摩川台公園は子連れにすごくおすすめの場所でした。


▲    ところどころに休憩場所があります

駅付近はあまり店が多くないので、できれば必要なものは持参してくることをおすすめします。駅からも近く、ベビーカーでも安心なので、ぜひ遊びに行ってみてください♪

<多摩川台公園>
■住所 : 東京都大田区田園調布1-63-1
■電話 : 03-3721-1951(多摩川台公園管理事務所)
■アクセス : 東急多摩川線多摩川駅下車徒歩1分
■開閉時間 : 9:00~17:00(1月、2月、10月~12月)
9:00~18:00(3月、9月)
9:00~19:00(4月~8月)