Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

川場田園プラザ(群馬県川場村)

2020.01.24

「関東好きな道の駅」(関東『道の駅』連絡会)や「家族で一日楽しめる道の駅(東日本部門)」(『日本経済新聞』の「日経プラス1」)、「関東道の駅アワード」(読売新聞社)など、さまざまなランキングで1位に輝いている道の駅『川場田園プラザ』をご紹介します。

観光の発展・振興への貢献度が顕著な団体や個人に贈られる「観光庁長官表彰」を、道の駅としては初めて受賞した実績も持ち、県内外から大勢の方々が訪れる人気スポットです。

武尊山の麓に広がる約5万㎡の開放的な敷地内には、ギフトショップや農産物直売店、各種レストラン、パン工房、スイーツ店、体験工房など、多数の施設がずらりと並んでいます。敷地の一画には、多彩な遊具が整備されたプレイゾーンやダイナミックなちびっ子ゲレンデもあり、家族揃って1日中遊べるスポットですよ!

お土産に最適な商品を取り揃えたショップが多彩

園内の「カワバプレミア」では、川場産のりんごが詰まったカワバプレミアアップルパイや、地元産のブルーベリーをふんだんに使用したスイーツをはじめ、バラエティに富んだギフト商品を購入できます。特におすすめなのは、川場産の生乳で作った無添加ののむヨーグルト&プレミアムヨーグルトと、近くの牧場から毎日仕入れる新鮮な生乳を使ったカワバチーズ、武尊産系の清らかな水を用いて醸造している川場ビールです。

3つとも敷地内の工房で作られており、格別な味わいですよ。我が家の子どもたちは、とろりと濃厚なのむヨーグルトを堪能するのをいつも楽しみにしています!


▲カワバプレミア(提供:川場田園プラザ)

また「物産センター」には、ジャムやジュースなど地元の加工品と地酒・果実酒などの特産品がずらり。「ファーマーズマーケット」には、地元産のさまざまな採れたて野菜・果物や伝統工芸品などが並んでいます。全国米・食味分析鑑定コンクールの金賞を通算で11回も受賞している川場産コシヒカリ「雪ほたか」も販売されているので、ご自宅用はもちろんお土産にもいかがでしょうか。

地元産の新鮮食材を活かした料理が自慢のレストランも充実

和豚もちぶたやギンヒカリなど上質素材の料理を満喫できる「川場ビールレストラン武尊」をはじめ、地元の新鮮な食材をふんだんに使用するレストランも軒を連ねています。「麺屋 川匠」では、地鶏・雪ほたかの鶏ガラ&魚介のダシにオリジナルのたれを融合させた特製ラーメンなどを味わえるほか、地元野菜の旨みたっぷりの郷土料理・おきりこみも提供。

「蕎麦処 虚空蔵」では、川場産の粉を使って手打ちした香り豊かな蕎麦を堪能できます。さらに、オリジナルのハムや地場野菜などを使い本格石窯で焼き上げる「ピザハウス」や、もちもちの生パスタが自慢の「あかくら」など、イタリアンも揃っていますよ。

▲蕎麦処 虚空蔵

ベーカリーショップやミート工房、スイーツショップも集結

家族がそれぞれ敷地内の好きな店舗で買った食べ物を休憩スペース「KAWABA ROOF」に持ち寄り、ピクニック気分で味わうのも楽しみの一つです。冬に訪れた時はビニールハウスの休憩所も建っており、暖かい空間で食事のひとときを過ごせました。


▲冬はビニールハウスの休憩所も完備

我が家では、友達から教えてもらった“「田園プラザベーカリー」のパンに「ミート工房」の山賊焼(ソーセージとハム)を挟む”食べ方が定番になっています。風味豊かなパンと旨みが凝縮された山賊焼きの組み合わせが絶妙なので『川場田園プラザ』でお食事する際にはぜひお試しください!

「田園プラザベーカリー」は、県外からわざわざ買いに来るファンもいるほど好評で、数量限定のパンを求めて朝から行列ができることも。一方の「ミート工房」で提供されているソーセージやハムは、本場ドイツで修行した職人が県内産の銘柄豚を使って丹念に作り上げた絶品です。


▲「ミート工房」の山賊焼(提供:川場田園プラザ)

園内にはさらに、雪ほたかを使ったおにぎりに定評がある「かわばんち」や、ローストビーフサンドとダイナーズチキンなどが人気のキッチンカー「Kawaba Roof the Diner」も揃っていますよ。

食後やおやつタイムにおすすめのお店は「カフェ・ド・カンパーニュ」。川場の名水で水出しした深みのあるコーヒーのほか、フローズンドリンクやクレープ、ソフトクリームなどを、オープンテラス席でゆったりと満喫できます。
また我が家の子どもたちが毎回おやつで味わっているのは「ソフトクリームCOWBEL」(冬季は閉店)です。種類は『川場田園プラザ』ののむヨーグルトを使用した「川場ヨーグルトソフト」と濃厚な生クリームソフト「CREMIA」があり、どちらもさまざまなフレーバーを取り揃えています。我が家の子どもたちのお気に入りは、ヨーグルトソフトのブルーベリーミルクです。時期によっては旬のフルーツを使ったフレーバーが登場することもあるので、立ち寄った際にはお見逃しなく!


▲雪ほたかのおにぎりが好評な「かわばんち」

子どもたちの楽しみは思い切り遊べるプレイゾーンやちびっ子ゲレンデ

園内には大きな悠翠池もあり、我が家の子どもたちはいつも鯉や鴨をじっくり観察しています。鴨が鳴いたり羽ばたいたり、鯉が集まってきたりするだけで大喜び。何度訪れても、時間を忘れて眺めています。


▲悠翠池

敷地の一画にある「プレイゾーン」には、プレイシェイバーやネットクライムのほか、砦や忍、ロッククライミング、ロープウェイといった、バラエティに富んだ遊具が揃っています。子どもたちは夢中になって遊び、1日中飽きません。


▲「プレイゾーン」のプレイシェイバー

プレイゾーンの隣には、備え付けのソリを使う大すべり台のちびっ子ゲレンデが整備されていますよ。我が家の子どもたちは、最初だけ恐がっていたものの1度すべっただけで慣れてしまい、訪れる度に何度も繰り返しすべり大はしゃぎ。開放感あふれるダイナミックなソリすべりを満喫するのが、病みつきになっているようです。

▲ちびっ子ゲレンデ

冬には雪が降る日もありますので、思いがけず銀世界での雪遊びも楽しめるかもしれませんね。

体験工房も完備。

「村の花工房・みみずく工房」では木工デコレーションを楽しめるほか、地元で生産された色とりどりの花や森林資源を有効活用した木工のおもちゃ・雑貨が販売されています。「ろくろ体験陶芸教室」では5歳以上なら誰でも、プロの陶芸家の丁寧な指導を受けながら陶芸にチャレンジできますよ。また7月初旬から8月初旬頃は、ブルーベリー公園のブルーベリーをなんと無料で摘み取ることが可能に!園内では食べ放題ですが、持ち帰ることはできないためご注意くださいね。


▲ろくろ体験陶芸教室(提供:川場田園プラザ)

園内には川場村観光協会もあるので、周辺のおすすめのスポットを訪ねてみても。『川場田園プラザ』の近くにある「ホテル田園プラザ」に泊まれば、村内の観光を満喫でき、川場村での旅をゆったり楽しめそうです。


▲ホテル田園プラザ(提供:川場田園プラザ)

(取材・文/小川郁恵Tamura)

基本情報

名称 川場田園プラザ
WEB https://www.denenplaza.co.jp/
営業時間 店舗により異なる
定休日 店舗により異なる
住所 群馬県利根郡川場村大字萩室385 地図を見る
アクセス 車 →関越自動車道「沼田IC」から川場村・道の駅川場田園プラザ方向へ約10分
新幹線 →上越新幹線「上野」駅から「上毛高原駅」まで約1時間、駅からタクシーで約30分
電車 →上野駅から沼田駅まで約2時間(乗り換え状況により時間が前後)・沼田駅から川場循環バスで約30分・「田園プラザ」バス停で下車して徒歩1分。
お問合せ

■電話:0278-52-3711

この記事が気になったら
シェアしよう