Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

森の中の水族館。-山梨県立富士湧水の里水族館-  山梨県忍野村

2020.11.28

美しい富士山と水のきれいな忍野八海、そのすぐそばに、富士の湧水をつかって魚を飼育する淡水魚専門の水族館があります。ここは、森の中の水族館。-山梨県立富士湧水の里水族館-です。とても素敵な心癒される水族館だったので、紹介します。

アクセスは車がおススメ

森の中の水族館。は、山梨県にある湖のうちのひとつ山中湖の近くにあります。河口湖からも近く、子連れの観光客で賑わっていました。

道路を挟んだ反対側にあるさかな公園駐車場

「さかな公園」という、自然がいっぱいの公園と同じ敷地に位置しており、向かいにある駐車場が無料で利用できました。約100台停められる広さだそうです。

徒歩3分のところに富士急行線の富士山駅からくるバス停もありますが、周辺には見どころも満載なので、車で行けると楽しめると思います。

水族館の外から自然にふれあえる

2階建てでひょっこり森の中に現れたような、小さなかわいらしい水族館なのですが、自然の光をたっぷりとりこんで気持ちがよく、ずっといたくなるような場所でした。

森の中の水族館。の外観はネーミングそのもの

さかな公園の入り口から水族館に向かって進むと、ニジマスが泳ぐ池が見えてきます。境目はガラス張りになっているので、そこから水族館の中が覗けます。

この辺りは木と水と光をたっぷり味わえ、気持ちがいいので、外から見学している人もチラホラいました。

日本でも有数の淡水魚専門の水族館

森の中の水族館。は、川の魚である淡水魚がメインに展示されています。まさに「森の中の水族館。」というネーミングの通り、凛とした雰囲気のなかに穏やかな空気が流れていました。

「水族館」というと、カラフルな魚やイルカなど海の生きものがいて、ショーがあるような華やかなところを想像しませんか?

でもこちらの水族館は淡水魚と呼ばれる、イトウやニジマス、ヤマメなど主に山梨県内で養殖されている魚や、河川や湖、沼などに生息する、身近な水生生物の展示が中心です。淡水魚専門の水族館は日本でも珍しく、ファンも多いそうですよ。

二重の回遊水槽は必見

それから、魚を湧水だけで飼育しているのも特徴的。アクリルガラスを使った二重の回遊水槽の内側には小型魚、外側には大型魚を展示していて、澄んだきれいな水だからこその工夫が見られます。それから、トンネル状の水槽など見どころもいっぱいです。

トンネルは魚のおなかが見える人気エリア

魚だけでなく、両生類や爬虫類なども展示されていて、近くで観察することができるので、子どもは集中して長い間1つの水槽の前にいたことが印象的でした。

身近な魚だからこそ色々なエピソードが。

比較的、身近な魚が多いこともあってか、パパたちが子どもの頃に川遊びで釣っていた魚も多く見られたようで、子どもと話が盛り上がっている親子も多く見られました。

飼育スタッフのあたたかいコメントが面白い

館内では、貝がらを使った工作体験や、餌やり体験もありました。餌やり体験は先着で受け付けていて、人気のイベントなので事前にスケジュールをチェックしていくことをおススメします。

面白かったのは、渓流で暮らす水の生きもの展示は上流から下流に沿った展示があり、住む魚が場所によって違うということも学べます。図鑑で知っていた知識をしっかりとすり合わせることもでき、大人も勉強になりました。

見ごたえのある手作りの展示

館内を巡っていて気づいたのが、飼育スタッフのコメントや解説がとても面白かったこと。なので、難しい解説を読むというより、マメ知識を教えてもらう、というような感覚でついつい立ち止まって見てしまいます。

こんな仕掛けも

二重回遊水槽もそうですが、楽しむ仕掛けがたくさんあるのも特徴的でした。外の池から水族館の中を見られたように、中からも外が見えるのですが、段差があって池の中がのぞけるような仕組みになっていました。

池の中がのぞける仕掛け

他にも床の一部がアクリルガラスになっていて、魚が泳ぐのを見ることができ、あらゆるところに楽しみがあり、子どもが「まだずっとここにいたい」と言っていたのも納得でした。

優しい気持ちになれる癒しの水族館

いかがでしたでしょうか?
水槽の湧水の透明度は感動的でした。子どもの目線で楽しめる仕掛けあり、2階フロアには資料が読めるスペースやシアターホール、魚に関する学習ができるブラウジングコーナーもあって、大人の知識欲も満たせる場所です。

マイクロアクアリウムコーナーでは魚のえさとなるプランクトンを顕微鏡で観察でき、投映もできるのでみんなで楽しめる人気のエリアだそうです。

同じ敷地内には忍野村の文化を紹介する「森の学習館」や遊具もある自然をいかした「さかな公園」もあるので、ぜひ遊びに行ってみてください。

「忍野村立さかな公園・森の学習館」の記事はこちら!

(取材・文/アネモネ)

基本情報

名称 森の中の水族館。-山梨県立富士湧水の里水族館-
WEB http://www.morinonakano-suizokukan.com/index.html
住所 山梨県南都留郡忍野村忍草3098−1 さかな公園内 地図を見る
アクセス (車で)
・東富士五湖道路山中湖ICから5分
・中央高速河口湖ICから20分
・国道138号線忍野入口信号または自衛隊入口信号から3分
(バスで)
・富士急山梨バス「さかな公園」から徒歩3分
料金・参加費 大人 420円 小中学生 200円(毎週土曜日は無料) 幼児 無料
お問合せ

電話:0555−20−5135

関連情報

開館時間 :7~9月 9:00~18:00/10~6月9:00~17:00
休館日 : 火曜日(祝日の場合は翌日)

*イベントなど開催に関する情報は公式ホームページをご確認ください。

この記事が気になったら
シェアしよう