Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

房総の鋸山ロープウェーで絶景スポット巡り!幼児の初めての登山にもおすすめ 千葉県富津市

2020.12.02

爽やかな秋晴れの休日。
幼児の娘と小学生の息子を連れて、家族で鋸山へ行ってきました。

鋸山は千葉県で人気の登山スポットです。房総観光に行った際、気負わず登れる山なので、幅広い年齢層の観光客が訪れています。

小さい子連れは車で登山道またはロープウェーを利用して

鋸山は標高329.4メートルの低山で登山初心者にもおすすめと言われています。しかし子どもの足で登るのは大変なこと。
それでも観光地として家族連れにも人気なのは、車で有料登山道を登って観光スポットの近くまで行けるから。また鋸山ロープウェーで山頂駅まで登ることもできます。

山の中にある日本寺内の観光スポット巡りによりラクに行くなら車で登山道を、山頂から日本寺まで少し急な石段を歩けそうであれば、ロープウェー利用がおすすめです!

登山の服装や持ち物、お昼はどうする?

山頂やその付近まで乗り物で行けるとはいえ、観光スポットまでアップダウンの激しい道を歩きます。わが家が選んだコースは一時間半ほど歩きました。

服装は動きやすさ重視で、足元はスニーカーが◎。歩いていると暑くなるので上着を脱ぐなど調節できるようにしておくといいですよ。

持ち物は、飲み物が必須です。ロープウェーの駅や売店には自動販売機があるので購入することもできます。また素晴らしいフォトスポットがたくさんあるので、スマホやカメラの充電をお忘れなく!
小さい子は歩き疲れてぐずることもあるので、お菓子など気分転換できるものを持って行くと安心です。

お昼ご飯は山頂駅の食堂で食べることができます。
また鋸山周辺には美味しい海鮮グルメ店がたくさん。わが家は鋸山から車で分の「ザフィッシュ」という海の見えるレストランで腹ごしらえをしてから向かいました。
お弁当を持って行くなら、山頂駅のテラスにあるベンチや、大仏付近に広場があるのでレジャーシートを敷いてゆっくりできますよ。

パノラマの絶景ロープウェーで山頂駅へ

今回、ロープウェーを利用して山頂へ向かいました。
無料駐車場に車を停めロープウェーの出発点の山麓駅に向かうと外まで行列が。
乗車の列に並ぶ前に奥にある窓口で乗車券の購入が必要です。

乗車券を購入して並んでいると、娘の表情が暗くなっていることに気づきました。
「どうしたの?」と聞くと「高いところに行くの、怖い…」とポツリ。

5分ごとに来るロープウェー。あっという間に乗車できました。
動き出すと「うえ~ん」と泣き出した娘でしたが、薄目を開けて景色を見てみると「キレイ!」と感動!木々の後ろに海が輝いていました。
約分間の乗車中、私にしがみつきながらも絶景を楽しんでいた娘でした。

日本寺エリアまでの道のりに苦戦

山頂駅に到着。
トイレは日本寺内の大仏付近までないのでここで済ませておくことをおすすめします。

ロープウェーを降りテラスに出て、マスクを外して深呼吸すると空気が澄んでいることに気づきます。


山頂から日本寺入口までの道のりは、急な石段の下り。
小学生の息子は軽やかに下っていきますが、娘はパパと手を繋いで滑らないよう慎重に。私は普段使わない筋肉が刺激され、降りきった時には足がガクガクしてしまいました。

日本寺エリアで大仏と地獄のぞき

入場料(大人700円、子ども400円)を払って、いよいよ日本寺内へ。

まずは大仏方面へ。とにかく日本寺内は階段が続きます!
階段を下り続け、大仏様のもとへ。


近くに売店があり可愛いだるまのおみくじをひきました。


緑は健康祈願。色ごとにご利益が違っているそう。片目に墨を入れて成就するまで大切に飾っておきます。

お願い地蔵尊でお賽銭を入れて願い事…。
「可愛いお姉さんになれますように。あとサンタさんがきますように。それから…」と欲張りな娘でした。

その後、ひたすら階段を上り…また上り…永遠に上り…と感じているのは私だけ。思いのほか余裕のある子どもたち。
酸欠気味の私を「少し休む?」「荷物持ってあげるよ!」と気づかってくれました。へとへとになりながらも、体力的にも精神的にも子どもたちの成長を感じた一コマでした。

やっとの思いで「地獄のぞき」と言われるスポットに到着!写真映えする人気のスポットだけあって岩の下の道まで行列ができていました。

その周辺からの見晴らしも素晴らしく「がんばってよかったね!」と子どもたちと一緒にニッコリ。たくさん写真を撮りました。

登山後の地獄アイスが絶品

来た道と違うルートで日本寺出口へ戻ります。
数々のお地蔵様などの見どころがありますが、私は相変わらず階段に苦戦し、じっくり見る余裕がなかったです…。

約1時間半みんなよく歩きました!山頂駅に戻るとご褒美タイム。
売店でアイスクリームを購入しました。
テレビでも紹介された「地獄アイス」は竹炭入りで真っ黒でした!濃厚なミルク味で美味しかったです。

人気の塩バニラの他、各種ジェラート350円

山頂駅には食堂もあり定食が頂けます。また、売店でお菓子や各種記念品などお土産の購入もできますよ。

帰りは夕日が見られまた違った景観に感動

下りのロープウェーは怖がらず、先頭に乗って景色を見ていた娘。「ジェットコースターみたいに早く進めばいいのに!」と、行きに泣いていたとは思えない発言をしていました。

帰りの車で「大変だったけど楽しかった。また山登りしてみたいな。」と息子。
子どもの初めての山登りにはピッタリの難易度だったと感じました。

それにしても今回、自分の体力のなさにはがっくり……。
また子どもたちと登山ができるよう「普段から運動しよう!」と心に誓ったおでかけとなりました。

鋸山の紅葉の見ごろは11月下旬から12月上旬とのことです。
運動不足解消と美しい景色に癒されに行ってみてくださいね!

(取材・文 nicoai)

基本情報

名称 鋸山ロープウェー
営業時間 9:00~17:00
(11月16日~2月15日は16:00まで) 毎年1月に定期検査の為運休あり
定休日 なし
住所 千葉県富津市金谷4052-1 地図を見る
アクセス 電車: JR内房線 浜金谷駅下車、 国道127号線を館山方向へ徒歩約8分
車: 富津館山道路 富津・金谷ICから国道127号線を館山方向へ約5分。
料金・参加費 ロープウェー乗車料金 大人(12歳以上)往復950円 小児(6歳以上)往復450円
お問合せ

電話:0439-69-2314

駐車場情報・駐車料金 200台。無料。ロープウェー利用者に限り、利用可。
この記事が気になったら
シェアしよう