Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

駅から1分の都市型水族館「カワスイ 川崎水族館」 神奈川県川崎市

2021.11.25

2020年7月にオープンして話題の「カワスイ 川崎水族館」に遊びに行ってきました♪珍しい動物や生きものにたくさん出会え、便利な立地と最新型の設備を持つ、とても居心地の良い水族館だったので紹介します。

 アクセス抜群!駅から1分の好立地

JR川崎駅東口を出ると徒歩1分で行くことができます。川崎ルフロンという商業ビルの10階が受付です。JRの改札を出たらラゾーナ川崎と反対側の東口を出て右手に進むのですが、1階に降りてスーパー側にある直通エレベーターを使うと便利です。
チケットは事前にネットで購入できるので、準備していくのがおすすめです。年間パスポートもあり、年間3回遊びに行くのと同じ料金なので、4回以上行く場合はお得な計算です。年間パスポートがあれば割引になる店舗もあるので、近くに住んでいるのなら絶対におすすめです。

世界の水辺を旅する水族館

多摩川ゾーン

カワスイは2フロアに渡り「世界の水辺を旅する水族館」がコンセプトです。10階は地元にある川「多摩川ゾーン」、美しくて不思議な生きものがいる「オセアニア・アジアゾーン」、最古の大地「アフリカゾーン」で、9階は水辺の楽園「アマゾンゾーン」、生きものたちのオアシス「南アメリカゾーン」などからなります。

珍しい魚や生きものが多く、フクロモモンガ、パンサ―カメレオン、グリーンイグアナ、ピラルク、ナマケモノ……。なかでも驚いたのが「アルマジロ」がいたこと。アルマジロってとっても足が速いです。ぜひ見に行ってほしい!

アルマジロは足が速すぎたので、イグアナを。

水槽のディスプレイや中のレイアウトが美しいのも特徴的で、特に流木が美しく水槽を彩り、魚たちも嬉しそうでした。

クルーに声をかけやすいアットホームな距離感

カワセミのトレーニングに遭遇

カワスイの印象で強く残っているのが、クルーが親切でやさしかったこと。この日は「ワライカワセミ」のトレーニングの様子を見られたのですが、近くにいた人たちに「これからお散歩をしますよ」と声をかけて説明があったので見学することができました。

クルーが「セミちゃん(オス)」と呼ぶこの鳥、フロアに連れ出して少しだけ散歩をしたのですが、いずれは少しずつクルーの腕に乗って館内を歩いたり、いずれはお客様と撮影ができたらいいなと、いまトレーニングをしているそうです。

「信頼関係のできたクルーが担当してトレーニングするんだよ」とか、「餌はコオロギやひよこやネズミ(!)なんだよ」なんてお話をしてくださいました。子どもからの質問にも丁寧に答えていたのもありがたかったです。

またカワスイの裏側が公開されている「アグア・ラボ エリア」ものぞいてみてください。このように館内にはたくさんスタッフがいて、質問をすると教えてくれたり「ナマケモノは見たかな?」「こっちにカピバラがいるよ」と連れて行ってくれます。子ども目線であたたかくレクチャーしてくれました。大人っぽい雰囲気のある水族館という印象でしたが、子どもにすごく優しい愛溢れる水族館でした。

ベビー連れでも安心の設備

今回は5歳の子どもと平日の15時頃に遊びに行ったのですが、比較的すいていて、ゆったりのんびり過ごすことができました。ホームページで現在の混雑状況がわかるようになっているので、事前にチェックすれば混雑を回避できるので便利です。

カワスイは商業ビルのなかにあるのでベビー用品を扱うお店もあり、忘れ物があってもお着替えが生じても安心です。カワスイの中もベビーカーで回れるような動線ができており、ベビーカーで遊びに来ている親子も多く見かけました。ベビーカー置き場もあったので、歩いて回る場合でも安心です。

授乳室mamaroは兄弟でも安心

授乳やおむつ替えができる個室スペースがありました。女性用トイレには同じ個室内に、大人用の便座と便座に乗せる子ども用のおまるも設置してありました。さらに男の子用の小さなサイズのトイレも同じ個室の中にあったので、助かりました。細かなところまですごく配慮が行き届いていると感じました。手洗いも背の低い子どもが洗いやすいようになっていましたよ。

キッズルームも楽しそう

また9階には「カワスイキッズルーム」という子どもたちが絵本を読んだりぬりえをしたりできる広めのスペースがありました。土日祝には4~6歳向けに「カワスイこども教室」というイベントを開催しているそうなので、また機会があればぜひ参加したいと思いました!

おいしくて癒されるカフェやレストラン

こもれびカフェは用途に合わせて利用できる

カワスイでは軽食が食べられるビュッフェ形式のレストランや、「こもれびカフェ」という森の中にいるようなカフェがありました。今回はおいしそうなスウィーツに魅かれて、こもれびカフェでお茶をしたのですが、ベビーカーを横付けして食事するのに便利な作りで、テーブルに穴が開いていてベビーをすっぽりと座らせる「ポケットシート」もあり、親子で対面して食事ができる席もありました。

おいしくて通いたくなるカフェ

またこちらではWi‐Fiやコンセントを使用することもでき、芝生の上にローテーブルが載っている座敷のような個室があり、親子でお気に入りの場所になりました。ベビーだったら寝かせることもできますね。

そうそうレモン水がいただけるのも嬉しかったです。カフェスタッフも優しく話しかけてくれ、食事やデザート類ももちろんおいしくて幸せな気分になりました!

猫たちが遊ぶ様子を外から見られる

驚いたのが、このカフェの中にさらに「ソラネコカフェ」という猫カフェがあったこと!残念ながら小学生以上からの利用だったので、猫カフェ大好きな息子は外から眺めて過ごしました。

すぐ近くまで来てくれることも

20分800円から利用でき、中学生以下は保護者の同伴が必要ですが、眺めも良くかわいいネコちゃんと過ごせるステキな空間でした。

デジタルを駆使した昼も夜も楽しめる演出

パノラマスクリーンはインパクトがすごい

子連れに優しいポイントがたくさんありましたが、カワスイは水族館!でも普通の水族館とは違った工夫がところどころに見られます。特に最新のデジタル技術を駆使した演出が特徴的。おしゃれなデザインの壁にもデジタル画像が投影されて来館者の目を引いていました。

デジタルを駆使した壁も必見

館内はWi‐Fiが完備されていて、生き物の説明はQRコードで読み取る形式だったり、LINNÉ LENS Screenというモニターがあって、タッチパネル形式で解説が読めました。どこの水族館もデジタル化は進んでいますが、その最先端を行っているような印象を受けます。アナログ世代には驚くこともありますが、その分わかりやすくデジタルの利用ができるのは良いですね。

LINNÉ LENS Screenで魚の解説が読める

大人向けかなと思いましたが、小さな子どもが見やすい位置に水槽があり、高い位置でも台があるなど子ども目線で作られていました。また解説のタッチパネルも子どもは使いこなしていたので、やっぱり子連れにおすすめの水族館だと思いました。

夕方に遊びに行ったのですが、昼と夜で動物の入れ替えや照明などの演出が変わったのには驚きました。夜行性の生きものも活動を始め、ランタンをもって暗闇を歩く「アマゾンナイト」など楽しいイベントもあるそうです。

シティ派にもおすすめの水族館

いかがでしたか?JR川崎駅はJR品川駅からも東海道線で1駅ですし、京急も利用できます。JR川崎駅からは1分なので思い立ったらすぐに行け、癒し効果抜群の水族館。

年パスは若干お高めの6000円ではありますが、レストランやカフェ、猫カフェ(有料)にも入れるので、水族館だけではないと考えると、悪くないなあと思いました。しかも年パスで割引も適用される店舗もあります。

有料ですがカピバラに餌やりができるイベントやバックヤードツアーもあるので、年パスがあると何度も気軽に行けるし良いですね。珍しい魚や生きものに出会えるデジタル派の水族館、ぜひ遊びに行ってみてください!

(取材・文/アネモネ)

基本情報

名称 カワスイ・川崎水族館 
WEB https://kawa-sui.com/
営業時間 10:00 〜 20:00(最終入館 19:00)
*営業時間は変更となる場合がございます。詳しくはホームページのカレンダーよりご確認ください。
※併設する飲食店の営業時間は一部異なります。
住所 神奈川県川崎市川崎区日進町1-11 川崎ルフロン9-10F 地図を見る
アクセス JR川崎駅東口より徒歩1分、京浜急行川崎駅より徒歩5分
料金・参加費 大人 2,000円
高校生 1,500円
小・中学生 1,200円
幼児 (4歳以上) 600円
この記事が気になったら
シェアしよう