Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

ちひろ美術館・東京 練馬区

2021.10.25

#当面の間、コロナウィルス感染症予防のため、変更になっている部分があります。来館前に公式HPで最新情報をご確認下さい。

ちひろワールドを三世代で楽しめる

いわさきちひろは、日本の代表的な画家・絵本作家です。(1918~1974)
その水彩画を見れば、
あ~見たことある。と誰もが思うことでしょう。

ちひろ美術館は、ちひろが22年間住んでいた下石神井の住宅街の中にひっそりとあります。
この場所で、数々の作品が生みだされたんですね。

中は、しんとして清らかで、特別の空気が流れているかのように感じます。
ちひろが愛した庭もそのままに、生前多くの作品を生み出したアトリエも忠実に復元。
おばあちゃまの世代でも懐かしく楽しめるでしょう。

ちひろが使った画材道具

 

ちひろが慈しんだときのまま、整えられている庭

完全バリアフリーで赤ちゃん大歓迎。ファーストミュージアムにぴったり!

ちょっと大人向きなのかな?と思いきや、実は赤ちゃん大歓迎。「ちひろ美術館」は、ファーストミュージアムとして最適なのです。

低めの展示なのでゆったりと親子でちひろの原画を鑑賞できるほか、イベントも盛りだくさんです。

読み聞かせや手遊びを行う「えほんのじかん」は、毎月第2・第4土曜の11時から。(0歳児から)「わらべうたあそび」(0歳から2歳)や「体験ワークショップ」(5歳児から)も頻繁に行われています。(現在は、オンラインで開催)

 

長期休みには小中学生対象のトークギャラリーも行われます。高校生以下は入館料無料というのもとてもうれしいですね。

図書室は、ゆったりとした空間です

赤ちゃんや小さい子が遊べる「こどものへや」

「こどものへや」は、木や布の良質なおもちゃや絵本が用意され、赤ちゃんや小さな子どもが靴を脱いで遊べるお部屋です。

手触りのいい布や木のおもちゃがいっぱい

 

子どもたちに大人気の不思議な鏡 撮影:嶋本 麻利沙

併設の授乳室には、授乳用ソファ、授乳クッション、ベビーシート、おむつ用ごみ箱が完備されています。また、トイレには小さな子ども用の補助便座があり、トイレ内の洗面台は高さが70センチ。トイレに行けるようになったばかりの子でも手が洗いやすいですよ。

なお、男性トイレを含むすべてのトイレには、ベビーキープとおむつ替えのできるベビーシートを備えてあります。

ゆったり過ごして、カフェも満喫

ちょっと子育てに心がささくれだっているときこそ、行ってみて。ちひろの絵を見れば「そうだ。子どもってこんなにかわいくて愛しいものだ」と再確認できるかもしれません。

一通り楽しんだら、併設の「絵本カフェ」へ。当面の間は、新型コロナウィルス感染症予防のため、座席の数、メニュー内容など変更をしています。来館の前に、ホームページなどで確認してください。

上井草駅から7分ほどの道のりは、着くまでは不安で遠く感じますが、電信柱にたくさん案内がありますのでそれを頼りに行ってください。
満足感でいっぱいの帰り道は、驚くほど近く感じますよ。

(取材・文 宗像陽子)

基本情報

名称 ちひろ美術館・東京
WEB https://chihiro.jp/tokyo/
アクセス 西武新宿線上井草駅下車徒歩7分
料金・参加費 大人1000円。高校生以下無料。
お問合せ

電話:03-3995-0612

関連情報

■開館時間:10:00~16:00(入館は閉館の30分前まで)
■休館日:月曜。祝・休日は開館。翌平日休館。GW/8/10~20は無休、年末年始(12/28~1/1)
■冬期休館、臨時休館あり

駐車場情報・駐車料金 駐車場(乗用車3台。身障者用1台)。満車の場合は千川通りパーキングメーター区域や近隣のコインパーキング等を利用。
この記事が気になったら
シェアしよう