Cocoful ココフル

  • 友だち追加

おでかけ

神奈川県立 生命の星・地球博物館 神奈川県小田原市

2020.09.23

子どもたちが地球の歴史に興味を持ち始めたら、神奈川県小田原市にある「生命の星・地球博物館」がおススメ! 都内から日帰りもできますよ♪

都心からも日帰り可能エリア

小田原と聞くと都内からは少し遠い印象がありますが、実はアクセスがよく、日帰りが可能なエリア。

生命の星・地球博物館は、小田原駅から箱根登山鉄道で3駅、10分程度で入生田駅に到着。駅から徒歩3分とすぐ近くにありました。

入口付近では山を見渡せ、自然を満喫できます。隣の駅は、箱根湯本駅なので、プチ・トリップに最適ですね。

空間が広くて贅沢な展示

館内はバリアフリーで、小さな子連れでも快適でした。エントランスホールは3階フロアまで吹き抜けになっていて、開放感たっぷり。

この角度から見られるのは貴重

大きな恐竜の化石がお出迎えしてくれ、恐竜好きな子どもも、見上げて大喜びでした。

館は3フロアからなり、1階が受付です。
特別展・企画展も1階で、遊びに行ったときには「ゴンドワナ」の企画展がやっていました。

およそ6億年前に南半球に存在した、現在のアフリカ、南アメリカ、インド、オーストラリア、南極のもととなった「ゴンドワナ大陸」。

個人的にちょうどプレートについて知る機会があって、もう少し深く知りたいと思っていたタイミング。

巨大な大陸はどのようにして生まれ、分裂したのか、岩石や鉱石を見ながら親子で学ぶ機会ができました。

過去の特別展・企画展も恐竜や箱根火山など、興味深い展示が多く、今後も期待大です。

常設展も見ごたえたっぷり

地球博物館は、1階に「地球を考える」 「生命を考える」、3階に「神奈川の自然を考える」 「自然との共生を考える」の、合わせて4つの総合展示室がありました。

「地球を考える」の展示室では、地球の中を輪切りにした様子などわかりやすく展示してあって、映像も流れていました。難しいかなと思いましたが、少しだけ図鑑でかじっていたので、真剣に聞き入っていました。

隕石によって色や形が違うことを体感できる

宇宙につながるようなクレーターと隕石の関係から火山など、地球が長きにわたって変わってきた様子を体感できる、とてもいい体験ができました。

恐竜や動物の化石の多さに驚く

「生命を考える」のエリアはまた、子どもたちにとって最高に刺激的でした。

恐竜の化石がまるで生きているような展示

恐竜の化石やマンモスを始めとする動物の化石やはく製が、空間は広いのに所狭しと展示されていました。

マンモスの牙、長い!

はく製の数々は美しく、今にも動き出しそうな感じがします。
化石も展示の仕方に躍動感があって、生きていたころが想像できるような感覚でした。

はく製なのに今にも動き出しそう

3階まで吹き抜けになっているので、とにかく開放感があって贅沢な空間。そう、地球博物館の展示は洗練されていて、展示物ひとつひとつとっても美しさを感じます。

3階より1階フロアを臨むとスケールに驚く

ジャンボブックは必見!

宇宙や恐竜と時空をこえた空間を過ごした後は、3階の昆虫標本のあるエリアがおススメ。

入口にはジャンボブック展示室のシンボルがあり、昆虫などの標本がたくさん展示されています。

蝶やカブトムシなどが、こちらも美しくレイアウトされていて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

芸術的なレイアウトの標本がたくさん

「神奈川のきのこ」の標本もあり、セミやクワガタと同様に、子どもが興味を示していたのは面白い発見です。

何度も訪れたくなる魅力的な博物館

2階にはミュージアムライブラリーと呼ばれる、地球博物館のテーマに関連した、自然関係の図書、雑誌などたくさんの蔵書がありました。

1日中滞在できそう

子ども用の本や図鑑がたくさんあって、研究者のたまごたちには最高の学びの場。
講座や催し物もたくさんあり、学芸員さんが講師となって開催される「植物図鑑の使い方」は、親も参加してみたい!ここでは、身近な樹木の名前調べを通じて、植物図鑑の使い方の“いろは”やコツを学べるそう。

実際に外へ出る講座や館内の実験室でする研究もあるそうです。これは自然の多い、小田原ならではですよね。

いかがでしたでしょうか。
1階にはカフェ、3階にはレストランも併設されていてベビーにはおむつ替えのできるトイレもあり、子連れに優しい施設でした。

週末や連休はとても混雑するようで、状況によって入場制限もしているそうです。
個人的にも超!おススメの人気の博物館。ぜひ一度足を運んでみてください♪

お泊りするならヒルトン小田原リゾート&スパ
こちらもおすすめ!お城と公園、遊園地。3世代で楽しめる!小田原城・小田原城址公園

 

 

(取材・文/アネモネ)

基本情報

名称 神奈川県立生命の星・地球博物館
WEB http://nh.kanagawa-museum.jp/
住所 神奈川県小田原市入生田499 地図を見る
アクセス ■電車 : 箱根登山鉄道 「入生田(いりうだ)」駅から徒歩3分
東京駅から
新幹線 (約40分)→ 小田原駅 箱根登山電車 (約10分) → 入生田駅
横浜駅から
JR東海道本線 (約1時間)→ 小田原駅 箱根登山電車 (約10分) → 入生田駅
新宿駅から
小田急線 (約1時間30分)→ 小田原駅 箱根登山電車 (約10分) → 入生田駅
料金・参加費 ■常設展示 観覧料 :
20歳以上65歳未満(学生を除く) 520円
15歳以上20歳未満・学生(中学生・高校生を除く) 300円
高校生・65歳以上 100円
中学生以下 無料
お問合せ

■電話 : 0465-21-1515

駐車場情報・駐車料金 無料 但し入場規制あり
入場9:00~16:00(乗用車・大型バス/185台)
開館時間・休館日

■開館時間 : 9:00~16:30(入館は16:00まで)

■休館日 :
月曜日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日)
館内整備日(8月を除く、原則として毎月第2火曜日、12月・1月・2月の火曜日)
年末年始、燻蒸期間
国民の祝日等の翌日(土曜日、日曜日または国民の祝日等にあたるときを除く)
*休館日は変更されることがあります。最新の情報をご確認ください。

この記事が気になったら
シェアしよう